楽天セール

キャンプ 料理 焚き火台

YOKA(ヨカ)のCOOKING FIRE PIT LIGHT(クッキングファイヤーピット・ライト)がワイルドなのにちょっと軽量!

投稿日:


豚ゴリラ
ヨカの『COOKING FIRE PIT LIGHT(クッキングファイヤーピット・ライト)』がワイルドなのに、ちょっと軽量で良いんです!!

 

あっちゃん
ちょっと軽量って微妙な表現!! 軽量ではないって事?!

 

豚ゴリラ
そうですね!! ちょっと前にケトジェニックダイエットして、76kgから72kgまで一気に−4kgのダイエットに成功した時の僕位には軽量ですが、一般的に169㎝で72kgもかなり重量がありますからねぇ〜・・・

 

木製の組み立て式のチェアやテーブルがキャンパーに人気のブランドYOKA(ヨカ)!!

独特な世界観を持ったアイテムはキャンプ場でも存在感抜群です。

木製のチェアやテーブルだけでなく、薪ストーブがイン出来るワンポールテントの『YOKA TIPI(ヨカ ティピ)』や、

 

【薪ストーブがイン出来る?!】冬キャン仕様の『YOKA TIPI(ヨカティピ)』!!煙突穴付きワンポールテントが登場!!
YOKA(ヨカ)からワイルドなワンポールテントが登場!! YOKA(ヨカ)のアイテムはおしゃれなイメージ!! ワンポールテ...

 

無骨な厚みある鉄板で作られたワイルドな焚き火台『COOKING FIRE PIT(クッキングファイヤーピット)』なども人気!!

 

YOKA(ヨカ)の焚き火台『COOKING FIRE PIT(クッキングファイヤーピット)』がカッコイイ!!BBQにも活躍?!ダンディなキャンパーにおすすめ!
YOKA(ヨカ)のアイテムって独特だよねぇ〜!世界観があって素敵だと思うよね?!豚ゴリラくんはどう? 良かと思います!! ...

 

そんなヨカの焚き火台『COOKING FIRE PIT(クッキングファイヤーピット)』がワイルドさはそのままに、

『凄く軽い!!』って程ではないけど、ケトジェニックダイエットして、76kgから72kgまで一気に−4kgのダイエットに成功した時の僕位に軽量になって登場してるんです!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

YOKA(ヨカ)の焚き火台『COOKING FIRE PIT LIGHT(クッキングファイヤーピット・ライト)』がワイルドでちょっと軽量!!

出典:YOKA

YOKA(ヨカ)の『COOKING FIRE PIT LIGHT(クッキングファイヤーピット・ライト)』はその名の通り、クッキングファイヤーピットが軽量になって登場した焚き火台!!

4つのパーツを組み合わせて簡単に組み上げることが出来るステンレス製の焚き火台で、YOKA(ヨカ)らしいシンプルなデザインで無骨でカッコ良い!!

 

 

『COOKING FIRE PIT LIGHT(クッキングファイヤーピット・ライト)』スペック

出典:YOKA

サイズ W400×D230×H295mm
収納サイズ 510×280mm 厚み:20mm
重さ
本体:約1kg/グリル2枚:約500g
素材
ステンレス(本体)
グラスファイバー+シリコン(収納袋)
付属物
収納袋兼、焚き火シート

サイズ感は、クッキングファイヤーピット(W500 x D270 x H325 mm)と似たようなサイズ感!!

重量は約1.5kg(本体:約1kg+グリル2枚:約500g)とクッキングファイヤーピットの約6.4kg(本体:約5kg+グリル:約1.4kg)に比べると1/4以下の重量になっています。

とは言え、ピコグリルなどの軽量な焚き火台に比べるとズッシリ重さを感じる重量なので、より軽量さを求めるキャンパーにはおすすめ出来ないと思います。

 

YOKAらしいデザイン

出典:YOKA

『COOKING FIRE PIT LIGHT』のデザインは、YOKAらしさが沢山!!

グリルに施された『YOKA』の文字の他にも、焚き火台のサイド部分や、火床部分を固定するステンレス部分にも『Y』の文字がデザインされています。

無骨でシンプルなデザインの中に、お洒落なロゴデザインが施されていて可愛い!!

2分割グリルが使い勝手良さそう!!

出典:YOKA

2つを合わせると『YOKA』のロゴが浮かびあがる、お洒落なグリルは、2分割されたことで使い勝手がかなり良さそう!!

大きめな調理器具を使う際には2つを並べて使ったり、小さなアイテムなら単体で使うことも出来ます。

上段・下段に設置して、火との距離を変えて火力調整しながら料理することも!!

火床の下部にもグリルを設置出来て、じっくりオーブンのように調理することも出来るので、幅広い使い方ができちゃいます。

ステンレスメッシュの火床

出典:YOKA

火床の部分はステンレスメッシュになっていて、通気性はかなり高そう!!

左右に壁がない構造なので長い薪でも問題なく投入することが出来ます。(その分、炭が地面に落ちちゃいそう・・・)

大きな薪でも投入出来て、通気性が良いメッシュの火床は、火力もかなり大きくそう!!

 

焚き火シートになる収納袋が可愛くて実用的!!

出典:YOKA

YOKA(ヨカ)らしいデザインが施された収納袋はグラスファイバー+シリコンの素材で出来ていて、難燃性が高く、焚き火台の下に敷いて『焚き火シート』としても大活躍!!

昨今のキャンプ場での焚き火マナーとして地面を保護する『焚き火シート』として使えるのは、とっても便利!!

メッシュの火床からこぼれ落ちる炭火や灰をしっかりキャッチしてくれそうで、焚き火から地面をしっかり守ってくれてます。

 

まとめ 〜YOKAらしい無骨でお洒落な焚き火台!!『COOKING FIRE PIT LIGHT』がキャンプ飯を美味しくしてくれる!!〜

出典:YOKA

ツーバーナー感覚で調理器具を2つ並べて調理出来るサイズ感の焚き火台『COOKING FIRE PIT LIGHT』!!

2分割出来るグリルは使い勝手バツグンで、メッシュの火床は火力もかなり強そうです。

焚き火シートにもなる収納袋も付いて、環境への配慮もされた焚き火台はワイルドなのにお洒落な雰囲気が漂っています。

軽量化された分、大型のダッチオーブンなどは使用出来ないということですが、ソロ〜デュオで食べる位の調理をスキレットはフライパンでするのに丁度良さそう!!

収納時には厚み2㎝の薄さに収納出来て、持ち運びも便利な、YOKA(ヨカ)『COOKING FIRE PIT LIGHT(クッキングファイヤーピット・ライト)』がキャンプで大活躍ですね?

 

あっちゃん
凄く軽いわけではないけど、YOKAらしいデザインそのままに、使い勝手良さそうな焚き火台!!

 

豚ゴリラ
2分割グリルで調理の幅が広がりそう!! 『焚き火シート』にもなる収納袋が付いてキャンプ場の地面を気にせず焚き火が楽しめますね!!

 

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, 料理, 焚き火台
-

Copyright© HIGH CAMP , 2021 AllRights Reserved.