楽天セール

キャンプ 燻製

【レビュー】SOTOの『燻製用脱水シート』が便利!!あっという間に脱水完了!!美味しい燻製の必需品?!

投稿日:


豚ゴリラ
SOTOの『燻製用脱水シート』が良かったです!!

 

あっちゃん
良かったです!?って何?!

 

豚ゴリラ
簡単に!!しっかり脱水出来ちゃうんです!!

 

キャンプと言えば『燻製』!!燻製と言えば『キャンプ』!!と言うくらいキャンプと燻製は相性の良い・・・

今では黒い人として有名な松崎しげると国広 富之(くにひろ とみゆき)がダブル主演の『噂の刑事トミーとマツ』の岡野富夫こと通称:トミーと、松山進こと通称:マツのようにベストマッチな組み合わせです。

燻製と言えば、事前の下準備がとっても重要!!

燻製の手順と言えば、

  1. 塩漬け
  2. 塩抜き
  3. 風乾
  4. 燻製

が必要になります。(※燻製する物にもよります。しかもかなり簡単に言うと・・・)

で、今回のSOTOの『燻製用脱水シート』は手順で言う所の3番『風乾』の場面で使うのに便利アイテム!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SOTO『燻製用脱水シート』

SOTO(新富士バーナー)は燻製用の燻製機(スモーカー)を始めとして、スモークチップやウッドまでかなり力を入れています。

僕の近所のホームセンターでもアウトドアの燻製コーナーには、SOTOのアイテムが沢山並んでいるのをよく見かけます。

今回のSOTO『燻製用脱水シート』はその名の通り、燻製用の『脱水シート』です・・・・

燻製をしたことの無いユーザーにとっては『脱水シート』ってなんだよ!!と思うかも知れません。

燻製をする時には、食材の水分をある程度抜いてあげる必要があるんです。

水分が多い食材は、酸っぱくなることが多いから!!(※食材によっては、水分多くても大丈夫なこともあるみたい)

燻製の代表選手の『ベーコン(豚バラ燻製)』や、『スモークサーモン』など、肉や魚を燻製する際には、風乾して水分を飛ばすのが必須の工程なんです。

 

 

SOTO『燻製用脱水シート』スペック

本体サイズ 25×35cm
重量 170g
材質 ポリビニルアルコールフィルム、食品糖類、糊料、アルコール類

SOTO『燻製用脱水シート』はゲル状の怪しい物質が閉じ込められたシート!!

水分をしっかりゲル状物質を閉じ込めたシートに吸い出すことで食材を短時間で脱水してくれます。

『ポリビニルアルコールフィルム』は小さな分子を通してくれる膜のことで、【平成18年厚生労働省告示第201号】に適応しているという事!!

ゲルは水飴みたいなもので、浸透圧を使い、『ポリビニルアルコールフィルム』を通して、小さな分子の水分や生臭い匂い成分などを吸収し、旨味などは食材に残る仕組みです。

ペットのトイレ用シートでも代用出来るようだが、ビジュアル的にも、イメージ的にも多くの人に賛同してもらえないと思いますが、原理的には同じかも・・・

冷蔵庫で1日!!しっかり脱水出来る!!

燻製用の肉を燻製前に水分を飛ばすのに、冷蔵庫で2〜3日、裸で入れておくことでもしっかり水分を飛ばすことは出来ると思います。

しかし、2〜3日も冷蔵庫内に、大きな肉片が鎮座している状況は、食卓を預かるママの逆鱗に触れる可能も・・・

そんな時に、1日あればしっかりと脱水してくれるSOTO『燻製用脱水シート』は便利!!

気温が低い時期には、野外での風乾(※気温が低く、風通しが良い)も良いですが、暖かい時期に燻製するなら衛生的に、時短で風乾の工程が出来るのは凄く良い!!

1日SOTO『燻製用脱水シート』に包まれて冷蔵庫に奉納されていた豚ロース肉がこんな感じ!!

1日だけの脱水だけど、かなり水気が抜けてるのが分かると思います。

燻製を時短で行いたい人には、かなり使えるアイテムです!!

 

オカモト『ピチットシート』でも良いんじゃない?!

出典:楽天

燻製業界界隈(※そんな界隈があるのかは不明)で脱水シートと言えば、オカモトの『ピチットシート』が有名!!

原理的には、SOTO『燻製用脱水シート』もオカモト『ピチットシート』も同じ。

オカモト『ピチットシート』は、

  • サイズも豊富
  • 脱水力の違いで【スーパー】という超高吸収タイプも
  • 1枚の単価もリーズナブル

など、かなり良いとこ尽くめ!!

とは言え、我が家の近くのスーパーなどでは、『ピチットシート』を見かけることがないのが残念!!

SOTO『燻製用脱水シート』は近くのホームセンターで気軽に買えることが利点!!(※住んでる所によるのかも・・・)

 

あっちゃん
オカモトの『ピチットシート』で良くない?!

 

豚ゴリラ
オカモトの『ピチットシート』もおすすめですが、近場の実店舗で買えないんですよぉ〜!!

 

 

 まとめ 〜燻製に『脱水シート』が大活躍!!メーカー問わず・・・〜

燻製作りに『脱水シート』があれば、衛生的で時間も短く脱水出来てとっても便利!!

今回は、SOTO『燻製用脱水シート』を近くのホームセンターで見つけたので購入してみました。

豚ロースの味付けには、アウトドアスパイス『ほりにし』を隠し味として塩漬け!!

 

アウトドアスパイス『ほりにし』を燻製に使ったら美味かった!!
今度のキャンプに燻製作りましたよ!! そうなの?美味しく出来た? そうなんですよぉ〜!!思った以上に美味しくで...

 

味に複雑さが出たような気がします。

風乾時にSOTO『燻製用脱水シート』を使ったので、しっかり脱水出来、燻煙による色づきも良く仕上がりも上々!!(※2.0kgの塊肉に2枚のシートを使用)

美味しいベーコンが出来ました。

燻製作りの『脱水シート』は、SOTO『燻製用脱水シート』でもオカモト『ピチットシート』でもどちらでも良いと思います。

  • 頻繁に燻製するなら、お得なオカモト『ピチットシート』
  • 近場のホームセンターで気軽に購入したいならSOTO『燻製用脱水シート』

みたいな感じで良い気がします。

美味しい燻製作りに『脱水シート』がかなり便利ですよ!!

 

豚ゴリラ
燻製作りに『脱水シート』が便利!!1日でしっかり脱水出来ちゃう

 

あっちゃん
美味しい燻製作りに便利なアイテムだね!

 

 

WEB購入なら、オカモト『ピチットシート』の方がお得ですよ!!

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, 燻製
-

Copyright© HIGH CAMP , 2019 AllRights Reserved.