楽天セール

キャンプ テント

テンマクデザイン『BIG ROOM(ビッグルーム)』!!大人数収容ドーム型シェルターが登場!!

投稿日:


あっちゃん
とうとう『ビッグドーム』が登場!! 大きなシェルターはファミキャン、グルキャンにぴったり!!

 

豚ゴリラ
『リック・ドム』が登場?! ガンプラですか?それともお台場ダイバーシティ前に、今度はあの黒光りした機体が登場ですかぁ!!

 

あっちゃん
なんで『リック・ドム』?! 『ビッグドーム』だから!!テンマクデザインの大きなドーム型シェルターのことだよ!!

 

テンマクデザインから大きなドーム型シェルターが登場!!

『天幕 NEW PRODUCTS CATALOG』などには、以前から掲載されていて、かなり気になっていたシェルター!!

その名前は・・・黒光りした、ずんぐりむっくりな機体がカッコいい『リック・ドム』!!ではなく・・・

・・・『BIG ROOM(ビッグルーム)』です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

テンマクデザイン『BIG ROOM(ビッグルーム)』!!

出典:テンマクデザイン

テンマクデザインから登場したドーム型シェルターの『BIG ROOM(ビッグルーム)』!!

『BIG ROOM(ビッグルーム)=大きな部屋』というシンプルなネーミング通り、大きなサイズのテントです。

『BIG ROOM(ビッグルーム)』スペック

組立サイズ (約)500×500×H230cm
収納サイズ (約)82×44×H40cm
重量 (約)26,05kg
素材 フライシート:ポリエステルオックス210D(PUコーティング/テフロン加工/UVプロテクション加工/撥水加工)
スクリーンメッシュ:ポリエステル
グランドシート:ポリエステルオックス210D(撥水加工)
メインポール:アルミ合金製連結ポール(φ18,5mm×7,512mm)×1セット
サイドポール:アルミ合金製連結ポール(φ15mm×6,030mm)×4本
連結ポール:アルミ合金製連結ポール(φ13mm×2,590mm)×4本
耐水圧 耐水圧1,500mm(フライシート・グランドシート)
付属品 張り綱(1.5m×4本、2.5m×4本、4m×4本)
スチール製ペグ×20本、収納ケース
価格 ¥248,000+ 税

 

過酷な環境にも耐えるドーム型シェルター

全方向からの風の影響を受けにくい半球型のドーム型のシェルター(テント)は過酷な環境でも活躍してくます。

大人数収容!!

テンマクデザイン『BIG ROOM(ビッグルーム)』はその名の通り、かなり大きなシェルター!!

組立サイズが、(約)500×500×H230cmと直径5mの半球のような形状

収容人数の記載はありませんが、ヒルバーグのアトラスが(約)435×425×H200cmで8人収容となっていることを考えると、10人くらいは収納出来そうなサイズ感!!

DAC社製フレーム

DAC社と言えばヘリノックスのフレームを始め、多くのブランドがテントフレームとして採用している信頼のブランド!!

テンマクデザイン『BIG ROOM(ビッグルーム)』に使われるフレームは海外の『エベレスト遠征隊』が実際に使用したフレームが使われるそう。

過酷な環境で使われた実績あるDAC社製フレームのテントは日本の山岳シーンにも安心!!

 

通気性抜群!!日本のオートキャンプにもぴったり

出典:テンマクデザイン

山岳用のドーム型シェルターの多くは、窓などが少ない作りとなっていますが、『BIG ROOM(ビッグルーム)』は、湿度の高い日本の環境にぴったりの仕様となっています。

全面にメッシュに出来る入口を設けることで風通しも抜群!ベンチレーションも多く設けることで、湿度の高い日本のキャンプ場でも活躍してくれます。

フロアが標準装備!

出典:テンマクデザイン

『BIG ROOM(ビッグルーム)』には地面の全面を覆うフロアが標準装備されています。

フロアがあることで、ファミキャンなどでの使用にもかなり使い勝手がよさそう!

風通しもよく、フロアも付いたドーム型シェルターは、日本のオートキャンプでの使用にも適したテントです。

 

発売時期は?

7月中旬発売予定

発売方法等は今のところ発表されていません。

 

まとめ 〜『BIG ROOM(ビッグルーム)』はオートキャンプに大活躍!!〜

DAC社製の『エベレスト遠征』に使われたフレームに、球体ドーム型の形状で風の強い過酷な環境にも耐えうるシェルター!!

そして、日本の蒸し暑い環境にも適した大きなメッシュ窓、ベンチレーションを配し、全面フロアを標準装備した作りは、日本のオートキャンプ場でも活躍してくれると思います。

サイズは『BIG ROOM(ビッグルーム)』の名前の通り、かなりビッグなサイズ感!!

ファミキャンやグルキャンで使うのに良さそうです。

重量も(約)26,05kgと決して軽くはありませんので、日本で使うならオートキャンプでの使用がメインになってくると思います。

値段も¥248,000+ 税と、テンマクデザインのテントにしてはかなりの高額!!ですが、大きく居住性にも優れたドーム型テントは注目です。

 

あっちゃん
日本のオートキャンプシーンを想定して作られたドーム型テントだね!!

 

豚ゴリラ
ふもとっぱらキャンプ場みたいな風の強いオートキャンプ場にぴったりかもしれませんね?! was

 

アイキャッチ画像 出典:テンマクデザイン

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, テント
-

Copyright© HIGH CAMP , 2019 AllRights Reserved.