楽天セール

キャンプ 焚き火台 焚火関連

【秋の新作】テンマクデザインは焚き火周りが充実!!『フラット焚き火台』にサイズ違いでS・Lが登場?!

投稿日:2020年5月26日 更新日:


豚ゴリラ
あのテンマクデザインの『フラット焚き火台』に、SとLが登場するらしい!!

 

あっちゃん
そうなの?!あのコスパ抜群の焚き火台にサイズ違いが!!

 

豚ゴリラ
他にも【秋の新作】は焚き火が楽しめるアイテムがいっぱいなんですぅ〜!!

 

キャンプの醍醐味のひとつはやっぱり焚き火!!

自粛生活の中で、ベランピングや庭キャンなどを楽しむ人は増えましたが、やっぱり民家が密集する場所やマンションでは出来ない事が、煙がモクモクと上がる焚き火です。(※屋外でのBBQも難しいかも)

『焚き火を思いっきり楽しんで癒やされたい!!』

と日本中のキャンパーが熱望していると思います。

日本のキャンパーお馴染みのテンマクデザインから【秋の新作】アイテムが登場!!

新作アイテムは8月中旬発売予定とのことで、ちょっと肌寒くなる頃になる予定。

そんな【焚き火】が一番気持ちよくなる、ちょっと肌寒くなる秋頃から発売予定のアイテムは【焚き火】をより楽しめるアイテムが充実してるんです!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

テンマクデザイン【秋の新作】は焚き火周りのアイテムが充実!!

焚き火が気持ちよくなる寒い時期のキャンプに向けて(※まだ夏も来てないのに・・・)テンマクデザインの【焚き火】周りが充実した新作アイテムが登場!!

薪ストーブを囲むテーブルに『ウッドストーブテーブル』

出典:tent-Mark Designs

ウッドストーブテーブルは、その名の通りテンマクデザインの人気薪ストーブ『ウッドストーブ』と一緒に使用出来るテーブル!!

と言っても汎用性は高く、焚き火台周りや他の薪ストーブと一緒に使うことが出来るテーブルになっています。

『ウッドストーブテーブル』スペック

出典:tent-Mark Designs

テーブルサイズ テーブル部分:1040×1040mm テーブル奥行き180mm
テーブル高さ:475/440/405/370/335/305mmの6段階
テーブル耐荷重 10kg
スクエアスペースサイズ 上部スクエアスペースサイズ:340×340mm
上部スクエアスペース高さ:840~660mmまでの6段階
耐荷重 20kg
収納ケースサイズ 1060×400×130(厚み)mm

素材はオールステンレス製(SUS304)で汚れにもサビにも強いテーブル!!

テーブル高さは:475/440/405/370/335/305mmの6段階で、お座敷スタイルからウッドストーブLサイズの天板と同じ高さまで調整可能になっています。

テンマクデザインの『ワークテーブルLOW』や『マルチスリムテーブル』と高さを合わせて使えて、拡張性も高い!!

スクエアスペースには網とステンレスフラット天板を設置することが出来、下で焚き火をする際は、網をセットすればベーコンを燻す事も出来ます。

サイズが増えて万能に!!『フラット焚き火台』

出典:tent-Mark Designs

2019年末から発売されていた『フラット焚き火台』をMサイズとして、【秋の新作】としてソロ用にちょうど良いSサイズと、ファミキャンにも使えるLサイズが登場するんです。

折りたたんでコンパクトに収納出来るギミックに、コスパ高めの焚き火台として人気を博すテンマクデザイン『フラット焚き火台 M』!!

サイズがS・M・Lと増えることで、色んなユーザーが求める焚き火台にピッタリに!!

『フラット焚き火台』スペック

出典:tent-Mark Designs

Sサイズ Mサイズ Lサイズ
サイズ 218×218×121(高)mm 325×325×195(高)mm 418×418×226(高)mm
収納サイズ 196×260×30(高)mm 500×260×35(高)mm 528×387×35(高)mm
重量 (約)1.15kg (約)2.5kg (約)4.18kg
耐荷重 8kg 8kg 10kg
素材 ステンレス430/1.5mm厚

Sサイズの焚き火台は、かなりコンパクトな印象!!

1.5mm厚のステンレスを使っているので、凄く軽いって印象ではないですが、Sサイズで1.15kgと、ソロキャンでちょっと焚き火と調理を楽しいみたい!!というユーザーにぴったり!!(大きな薪は置けないかも・・・)

ロストルや灰受けもサイズ毎に発売予定なので、ソロキャン〜ファミキャンまで色んなユーザーに合わせてサイズを選べる焚き火台になっています。

 

 

焚き火を楽しむ必需品?!『焚火台ベーススタンド』

出典:tent-Mark Designs

焚き火の際に、地面の熱からのダメージを軽減してくれて、焚き火をしながら、食事を楽しむなどのシチュエーションで活躍してくれそうな『焚火台ベーススタンド』!!

サイズもS・M・Lの3サイズ展開で、焚き火台サイズに合わせて選べます。

構造てきには至って簡単な構造で、収納時には、天板部分に沿う形で収納されている脚部を広げることでテーブルになる作り!!

『焚火台ベーススタンド』スペック

出典:tent-Mark Designs

Sサイズ Mサイズ Lサイズ
サイズ 237×257×80(高さ)mm 330×420×150(高さ)mm 520×430×150(高さ)mm
収納サイズ 237×257×20(高さ)mm 330×420×20(高さ)mm 520×430×20(高さ)mm
重量 (約)0.6kg (約)1.22kg (約)2.33kg
素材 ステンレス430

『フラット焚き火台』だけでなく、『コンパクト焚火台ORU』などの焚き火台を設置することが出来るステンレス製のテーブル!!

テーブルの端には立ち上がった壁面があるので、焚き火の灰などが地面に落ちることもなく、キャンプ場の芝生を痛めることも無さそうです。

サイズがS・M・Lとあるので使ってる焚火台に合わせて選べるのが嬉しい!

 

ワイルドなキャンプにも大活躍!!『チタンスパイダーロストル』・『チタン焼き網』

出典:tent-Mark Designs

焚き火の調理に大活躍しそうな『チタンスパイダーロストル』と『チタン焼き網』は汎用性が高そうなアイテム!!

『チタンスパイダーロストル』・『チタン焼き網』スペック

チタンスパイダーロストル チタン焼き網
サイズ 150×403×2(厚さ)mm 150×405mm
重量 370g 214g
耐荷重 2kg
素材 チタン

焚き火台から直火での調理にも使い勝手が良さそう!!しかも使われてる素材は軽量な高級素材の【チタン】です。

サイズも小さくファミキャンなどには不向きかもしれませんが、錆びづらくて、強度も強いのでワイルドなキャンプにもぴったり!!

素材が高級なので、値段は決して安くはありませんが、ソロキャンユーザー注目のアイテム!!

 

まとめ 〜ソロキャンに【フラット焚き火台 S】と【焚火台ベーススタンド】が注目!!〜

肌寒さを感じるようになる秋口に発売予定のテンマクデザイン【秋の新作】アイテムは、焚き火周りのアイテムが充実!!

僕が気になったアイテムは『フラット焚き火台』の小さいサイズで発売予定のSサイズ!!

今までの『フラット焚き火台(Mサイズ)』もコスパ抜群の焚き火台で気になってはいましたが、若干重量が重そう!!と感じていた所、今回(2020年8月中旬予定だけど・・)サイズ:218×218×121(高)mm、重量:(約)1.15kgのSサイズはソロキャンユーザーには注目を浴びそう!!

あんまり小さいと、薪をくべた時に、【焚火台に薪が収まらない】&【燃えてる薪がこぼれ落ちる】可能性も高いかもしれませんが、『焚火台ベーススタンド』があれば、火の粉が落ちるのも防いでくれて便利だと思います。

発売は8月中旬予定と、ちょっと先の話にはなりますが、焚き火を楽しみたいキャンパーにはシンプルでワイルドなキャンプにもぴったりなチタン製の『チタンスパイダーロストル』・『チタン焼き網』などの注目のアイテムが沢山!!

テンマクデザインの【秋の新作】で寒い時期の焚き火を楽しんでみてはどうでしょう?!

 

あっちゃん
まだ夏前なのに、【秋の新作】なんてイメージ沸かない!!

 

豚ゴリラ
もう6月がスグそこですよ!!夏なんてベン・ジョンソンみたいにすぐに過ぎ去りますよ!!秋はもうすぐそこ!!焚き火に大活躍なテンマクデザインの新作がキャンパー注目です!!

 

アイキャッチ画像 出典:tent-Mark Designs

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, 焚き火台, 焚火関連
-

Copyright© HIGH CAMP , 2020 AllRights Reserved.