楽天セール

キャンプ 焚火関連

ソロキャンプ、登山にもオススメなコンパクトでメッシュな焚火台は?!

投稿日:2017年7月25日 更新日:


焚火台イメージ

 

豚ゴリラ
最近、子供に『キャンプ行こう!!』って誘うと普通に『俺はいいや・・・』って断られるんだけど!!

 

あっちゃん
豚ゴリラくん家は、そろそろ長男が思春期なのぉ~?!

 

豚ゴリラ
そうなんですよぉ~!!思春期男子の扱いは結構メンドクサイんですよ!! でも自分が思春期の時はもっとメンドクサかったかもしれませんね?!

 

あっちゃん
思春期は『男性ホルモン』の影響だからしょうがないんだよ!! 毛が生えてくるのも『男性ホルモン』のせいだし、キャンプに行きたくないのも『男性ホルモン』のせいだよ!!

 

最近、子供達が大きくなってきて、

『キャンプ行こうよ!!』

というパパの言葉に

『いや!いや!!今度の休みは部活でいけないよ!!』

とか

『なんか最近、暑くない?!キャンプ行ったら暑いよ・・・』

なんて言葉が子供やママから聞こえてきます・・・

思春期男子の長男は『男性ホルモン』に翻弄され、『パパとキャンプなんて・・・』というモードにはいってしまっているし、

ママにかんしては『暑いから嫌だ・・・』というモードに・・・

 

寒い時期にキャンプに誘えば『寒いから嫌だ!!』なんて言うくせに暑くなったら『暑くて嫌だ!!』なんて・・・

僕もそろそろソロキャンプを目指すときがきたのかもしれない!!

そんなことを思ってしまう今日この頃・・・

ソロキャンプをするのなら、コンパクトな焚火台が欲しい!!

ということで、人気の焚火台をいろいろ比較しながら見ていきます!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コンパクトに収納できるメッシュ素材の焚火台

コンパクトな焚火台は何かと便利!!

キャンプの道具は多くなりがちですが、荷物が小さく収納できるのは結構重要!

コンパクトな焚火台はバックパックに詰め込んであれば、拾ってきた落ち枝などですぐに焚火を起すことも出来ます。

持ち運び便利!!

バックパックを背負ってソロキャンプや、登山を行うときにも、コンパクトな焚火台は便利!!

収納サイズや、重量はコンパクトさが求められるトレッキングなどでは重要!!バイクツーリングでのキャンプでもコンパクトな収納サイズは積載サイズが限られる状況では重要になってきます。

 

気軽にいつでも焚火が出来る!!

釣りキチ三平

コンパクトな焚火台を車に車載してあれば、気軽に焚火をする事が出来ますよね?

河釣りでキャンプを張る人などにとっても気軽に焚火が出来るアイテムは大活躍します。

 

豚ゴリラ
『釣りキチ三平』が実写版になったらコンパクトな焚火台をもってるかもしれませんね?!

 

あっちゃん
『釣りキチ三平』なんて若い子はみんな知らないよ!! 昔ながらの歯医者さんに単行本が、全巻揃えられてることはあるかも知れないけど・・・

 

『釣りキチ三平』の漫画は小さな頃、虫歯が見つかったときに行く歯医者さんに置いてあったイメージです。

『釣りキチ三平』のマンガと供に『銀河ー流れ星 銀』の単行本も全巻完備されていたことが懐かしく思い浮かびます。

 

ソロキャンにオススメなコンパクトな焚火台(ファイアグリル)!!

 

ソロキャンプで重要なのはコンパクトで軽量な装備!!

『ワイルドに直火で火を起こせばイイじゃん!!』

という声も聞こえてきそうですが、最近はだんだん直火禁止のキャンプ場も増えてきました。

コンパクトな焚火台(ファイアグリル)があれば、何かと便利!!

Kalili(カリリ) ファイアスタンド 焚火台

Kalili バーベキューコンロ

amazon(アマゾン)でも一番人気の焚火台といえば、『Kalili(カリリ) ファイアスタンド』です。

人気の理由はやはり手頃な値段にあります。

レビューを見ても、値段の割りに高評価!!

気軽に焚火を楽しみたいユーザーに響いているアイテムといえますね!

 

 

UJack(ユージャック) メッシュファイアスタンド

UJack(ユージャック) メッシュファイアスタンド

 

UJack(ユージャック)の『メッシュファイアスタンド』も値段が手頃なのでとっても人気!!

焚火台自体は、『いつでもどこでも焚火が出来る』がコンセプトなシンプルな焚火台!!

 

 

UNIFLAME(ユニフレーム) ファイアスタンド2

UNIFLAMEユニフレーム ファイアスタンド2

日本のキャンパーに人気のUNIFLAME(ユニフレーム)は焚火台も人気!!

軽量な焚火台はトレッキングなどで軽量であることが求められるシチュエーションで活躍!!

 

 

MONORAL(モノラル) WireFlame

MONORAL(モノラル) バーベキューコンロ

 

MONORAL(モノラル)のWireFlameはワイルドで機能的!!

構造的にも他の焚火台より複雑で、ビジュアル的にもメカニカルでカッコイイ!!

 

 

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア 秘密のグリルちゃん

秘密のグリルちゃん

 

コンパクトで機能的!!そしてネーミングセンスも抜群なのは『DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア 秘密のグリルちゃん』!!

ソロキャンプから登山にまで幅広く使える焚火台です。

 

 

人気のコンパクト焚火台を徹底比較!!

そんな人気の焚火台をいろんな角度から徹底比較してみたいと思います。

比較するのは

  • 使用サイズ
  • 収納サイズと重量
  • 付属品とオプションパーツ
  • Amazonでの値段

の四点を比較していきます!!

使用サイズを比較!

焚火台イメージ サイズ

焚火台名 サイズ
Kalili(カリリ) ファイアスタンド 焚火台 約415×415×高さ300mm
UJack(ユージャック) メッシュファイアスタンド 約415×415×高さ320mm
UNIFLAME(ユニフレーム) ファイアスタンド2 約400×400×高さ300mm
MONORAL(モノラル) WireFlame 約360×360×高さ280mm
DOD 秘密のグリルちゃん 約300×300×高さ180mm

焚火台のサイズの比較では、一概に大きいからいいとか、小さいからいいという話ではないですが、

 

●『Kalili(カリリ) 』、『UJack(ユージャック)』、『UNIFLAME(ユニフレーム)』は火床スペースが大きめに確保されていて、大きめの薪でも焚火が出来ます。

●『DOD 秘密のグリルちゃん』は火床サイズが約300×300とかなり小さいので大きな薪は使いつらい。

●『MONORAL(モノラル) 』は火床サイズも約360×360と小さく、火床が構造体より低くなっているので使える薪のサイズが限られます。

 

 

収納サイズと重量の比較

秘密のグリルちゃん サイズ

焚火台名 サイズ 重量
Kalili(カリリ) ファイアスタンド 焚火台 約φ60×650mm 約900g
UJack(ユージャック) メッシュファイアスタンド 約φ70×640mm 約960g
UNIFLAME(ユニフレーム) ファイアスタンド2 約φ60×570mm 約490g
MONORAL(モノラル) WireFlame 約φ90×370mm 約980g
DOD 秘密のグリルちゃん 約70×50×300mm 約590g

収納サイズで言えば、

 

●『DOD 秘密のグリルちゃん』が収納時の長さ約300mmと抜群に小さい

●『MONORAL(モノラル) 』は収納時の長さ約370mmで大きめのバックパックに横向きで収納できる

●『UNIFLAME(ユニフレーム)』は約490gと一番軽量となっている

 

ソロキャンや登山でバックパックに入れて携帯するのには以上の3つがオススメ!!

収納や持ち運びのサイズにシビアではない車でのキャンプではどの焚火台でも問題のないサイズです。

 

付属品とオプションパーツ

五徳アタッチメント

 

焚火台名 オプション
Kalili(カリリ) ファイアスタンド 焚火台 収納袋(付属)
UJack(ユージャック) メッシュファイアスタンド 収納袋(付属)
UNIFLAME(ユニフレーム) ファイアスタンド2 収納袋(付属)
MONORAL(モノラル) WireFlame 収納袋(付属)・焚火メッシュ(別売り)・五徳アタッチメント(別売り)
DOD 秘密のグリルちゃん 収納袋(付属)・焼網(付属)

付属品とオプションパーツを使うことにより、焚火台をBBQグリルや、コッヘルなどを乗せて調理器具としても使えます。

 

●『Kalili(カリリ) 』、『UJack(ユージャック)』、『UNIFLAME(ユニフレーム)』はシンプルに収納袋のみ

●『DOD 秘密のグリルちゃん』は焚火台にセットする焼網が付属

●『MONORAL(モノラル) 』は別売りの焚火メッシュや五徳アタッチメントが購入可!

 

『DOD 秘密のグリルちゃん』は付属で焼網をセットすることが出来るのでBBQをしたりお湯を沸かすのに使うことが出来ます。

『MONORAL(モノラル) 』には純正で焚火クロスが付属していますが、別売りのオプションで『焚火メッシュ』、『五徳アタッチメント』があり、焚火での調理を行うこともできます。

 

Amazonでの値段の比較(りんごで表現してみました!)

焚火台名 りんご何個分?
Kalili(カリリ) ファイアスタンド 焚火台 約11個分
UJack(ユージャック) メッシュファイアスタンド 約13個分
UNIFLAME(ユニフレーム) ファイアスタンド2 約40個分
MONORAL(モノラル) WireFlame 約121個分
DOD 秘密のグリルちゃん 約38個分

パパの少ないこづかいから購入するのにやっぱり気になるのがお値段!!

具体的な値段比較はいろんな意味であれなんで・・・

リューク

出典:Amazon

デスノートの死神リュークの大好物の『りんご』で表現してみました!!

売ってるスーパーによっても価格はまちまち、特売の日には格安で販売されている『りんご』!!

我が家の近くのスーパーではだいたい150円くらいで売っているようです・・・

 

●『Kalili(カリリ) 』、『UJack(ユージャック)』は手頃な価格!!『りんご』が11個~13個分

●『MONORAL(モノラル) WireFlame』はかなり高額!!『りんご』121個で10kgの箱買いでだいたい30個くらい入っているので10kgの箱で4箱分

 

値段の幅はかなり大きいですよね?!

『りんご』で例えるならば、『Kalili(カリリ) 』と『MONORAL(モノラル) WireFlame』の差は『りんご』110個分!!

家族総出で毎日食べても食べきれず、途中から『りんご』が腐ってしまうくらい多いです。

 

 

まとめ ~使い方に応じて賢く選ぶ!!~

秘密もグリルちゃん

今回は人気の焚火台の『Kalili(カリリ) 』、『UJack(ユージャック)』、『UNIFLAME(ユニフレーム)』、『MONORAL(モノラル) 』、『DOD 秘密のグリルちゃん』の5つを比較してみました。

結果として

●『Kalili(カリリ) 』、『UJack(ユージャック)』の焚火台は焚火台としての機能に特化したアイテムで、値段も手頃で、ファミキャンなどの車でキャンプ場に向かう場合にはオススメです。

●『UNIFLAME(ユニフレーム)』、『MONORAL(モノラル) 』、『DOD 秘密のグリルちゃん』は重量や収納サイズを考えると登山やソロキャンプにオススメ!

●『MONORAL(モノラル) 』、『DOD 秘密のグリルちゃん』は持ち運び便利で、アウトドアの現場で落ち枝などを燃料として使うのに便利で、調理用のアイテムとして活躍!!

●『UNIFLAME(ユニフレーム)』は軽量ですが、値段が高めの設定なので存在感が薄め・・・

 

ファミリーキャンプでは独立した焚火台がなくても、代替になるBBQグリルなどはすでに準備済みな場合が多いです。

ファミキャンで使うならトライポッドを設置した下に設置するために、シンプルでお手頃価格なKalili(カリリ) 』、『UJack(ユージャック)』の焚火台という選択もありですが、

ソロキャンプ・登山でコンパクトで調理にも使える『MONORAL(モノラル) 』、『DOD 秘密のグリルちゃん』は焚火台購入候補としてはかなり上位な感じがします。

キャンプをするシチュエーションにもよりますが、最近ソロでワイルドなキャンプに興味深々の僕には『MONORAL(モノラル) 』、『DOD 秘密のグリルちゃん』が魅力的に思えます!!

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, 焚火関連

Copyright© HIGH CAMP , 2018 AllRights Reserved.