キャンプ 暖房器具

冬キャンプの注意点!!防寒対策と暖房が大事!!石油・薪ストーブは一酸化炭素中毒に要注意!!

投稿日:


焚き火 image

豚ゴリラ
冬キャンプって空気が澄んで星空が凄く綺麗! 本当のキャンプ好きには冬の寒い時期のキャンプは人も少なくて最高の季節ですよね?!

 

あっちゃん
確かに冬キャンプは空気が澄んで気持ちがいいんだよね!! 冬のキャンプをしながら満点の星空を眺めているとなんだか懐かしい『THE BLUE HEARTS 夜の盗賊暖』が聞こえてきそうな気分になるんだよねぇ~!! 僕等の青春時代の懐かしい名曲が蘇ってくるようだね!

 

豚ゴリラ
僕も大好きでしたよぉ~!!『THE BLUE HEARTS 夜の盗賊暖』!!でも僕の冬キャンのイメージは『安全地帯 声にならない』なんですよねぇ~!!

 

あっちゃん
懐かしいよねぇ~!!あの頃の『安全地帯』はカッコよかったよね! シェイプアップガールズ?いやいや、CCガールズの青田典子と結婚してからも歌はカッコイイんだけどね?!

 

冬キャンプ、家族が寝静まり焚き火で暖まりながら、お酒を片手に夜空を見上げる・・・

寒い時期の空気はキーンと澄んで、いつもは見ることができない星空を眺めているようです。

肌寒さを感じながら眺める星空には懐かしいBGMが流れてくるような雰囲気が漂います。

先輩キャンパーのあっちゃんは、冬キャンプをイメージするBGMには『THE BLUE HEARTS 夜の盗賊暖』!!

40代過ぎの僕等の青春時代を彩る名曲『THE BLUE HEARTS 夜の盗賊暖』を聞くと予備校時代の切ない初恋の思い出が思い出される気分です。

僕が、冬キャンプでイメージするのが、安全地帯Vに収録されている『声にならない』です!!

玉置浩二率いる安全地帯の楽曲は今聞いてもかっこよく!!CCガールズの青田典子と結婚してからも歌声は衰えず、凄くカッコイイ!!

 

僕とあっちゃんの冬キャンのイメージは別にして、冬キャンは虫が少なく、キャンプをするには最高の季節!!

冬空を見上げれば、澄んだ空気に満天の星空が輝いています。

そんな冬キャンを思いっきり楽しむためには、万全の準備が必要なんです!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

冬キャンは防寒と暖房が重要!!

冬キャンプの重要なのが、防寒・暖房をしっかりとすることです。

キャンプをするシチュエーションにより、寒さの厳しさにはレベルの違いはありますが、防寒対策と暖房方法をしっかりと考えれば、素敵な冬キャンプを楽しめると思います!

■寒い時期には防寒することが重要!!

冬キャンプで一番重要なことは、防寒すること!!

防寒とは、『寒さを防ぐこと』・・・

『わかっとるわぁい!!』

という声が聞こえてきそうですが、『寒さを防ぐこと』!!ってのが重要なんです!!

防寒の基本は外気に体温を奪われないようにすることです。

防寒するために気をつけたいのが、

  • 防風(風を防ぐ)
  • 防水(雨などの水を防ぐ)
  • 保温(温度が奪われることを防ぐ)

 

冬キャンの防寒対策には防風、防水、保温が重要!!

防寒で重要になるのは、防風、防水すること!!

■テント内では地面からの冷気に注意!!底冷えを防ぐ工夫が大事!!

615dJPP8jML._SL1200_

当たり前のことですが、キャンプで使うテントは風を防ぎ、雨に濡れることを避ける為に設営するもの。

テント内で過ごす場合には雨風による体温の低下を防ぐことが出来ます。

冬キャンプではテント下の冷たい地面から冷気が上がってきます。

テント内にはコットやインフレーターマットを設置することで冷気から身体を守ることが出来ます。

 

コットでテントの中で快適に過ごそう!!DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)新作の超軽量コットがオススメ!
テントの中の居住性を高めるのってキャンプではすごく重要だよね?!ママの機嫌もテント内の居心地の良さに比例する気がす...

 

■寒い冬でもアウトドアを楽しむためには防風、防水の他にも保温が大事!!

DANTON インナーダウンジャケット

冬キャンプに行ったらテントの中だけでなく、寒空の下でも自然の中で過ごしたい!!

テントの外でも防風、防水に優れた服装で、快適に過ごせます。

防風、防水以外にも重要なのが、保温すること!

冬キャンの服装は、インナーレイヤー、ミドルレイヤー、アウトレイヤーの3層のレイヤーを意識した服装で、防風、防水と体温を外に逃がさないように保温性能を高めるのが重要!!

レイヤー(多層)で洋服を着込むことで着脱で温度調整も簡単にできます。

 

豚ゴリラ
万全の防寒対策がされていれば、雪山登山などの過酷な状況でなければ、キャンプを過ごすなら大丈夫ですよね?!

 

あっちゃん
生きていけるって意味では防寒対策がされてれば、生きてはいけるけど、快適ではないよね?

 

■冬キャンは『暖房』で快適に過ごす!!

tent-chimney

防寒が完璧であれば、ある程度の寒さでも過ごすことは出来ますが、『快適さ』を求めるならば『暖房』が重要!!

冬キャンプの暖房器具について思い浮かべるのが、

  1. 薪ストーブ、石油ストーブ、カセットガスヒーターなど燃焼式の暖房器具
  2. 電気ストーブ、電気カーペット、湯たんぽなど、非燃焼式の暖房器具

など・・・暖房器具といっても、それぞれ特徴と注意点があります。

1.燃焼式の暖房器具

燃焼式のストーブは、燃料に薪や石油、燃焼性ガスなどを燃やすことにより熱量をえる暖房器具。

 

冬キャン上級者の証!!ワイルドでナチュラル志向な薪ストーブ!!

petromax-loki

キャンパー憧れの暖房器具といえば薪ストーブ!!

実際は暖房器具として導入するのはそれほど難しいことではありません。

テントの外での使用であれば、焚き火をするよりも、火の粉が飛び散ることも少なく、ストーブ上で調理をしたりお湯を沸かしたり!

 

冬キャンと言えば薪ストーブでしょ!!ANEVAY(アネヴェイ)にする?それともPETROMAX(ペトロマックス)?僕が欲しい薪ストーブ5選!!
キャンプで薪ストーブって素敵ですよね!! そうそう!!薪ストーブの煙突がテントから伸びる姿は最強にカッコイイ!! ...

 

燃料は薪だけでなく、キャンプ場に落ちている枝木を使うことが出来て、化石燃料を使うことなく、ECOでナチュラル志向な人にも人気です。

しかし、テント内での使用をするのはかなり上級者向け!

テント内で使用する際は、煙突部分をテントの外に配置する必要があり、煙突の取り回しを考える必要あり!

また『燃焼』することで熱量をえるため、一酸化炭素中毒に注意しなければいけません!!

後述しますが、一酸化炭素中毒は死にいたる怖い中毒症状!!なんとなく薪ストーブを使用するのは大変危険なんです!!

 

上級者~初心者まで!!石油ストーブは冬キャンプの定番!!

image-kerosine-stove

石油ストーブは気軽に使えて、点火するのも難しくなく、大きな熱量を得ることができる冬キャンプの定番アイテムといえるアイテム!!

 

スノーピーク(snow peak) レインボーストーブが本命か?それともフジカ?冬キャンの必需品!!石油ストーブ5選!!
冬キャンってマジやばいんだよ!! あれっ!!このくだり2回目だけど大丈夫? いやいやホント!!冬キャンはマ...

 

電源を必要としない石油ストーブであれば、家庭用のストーブでも使いまわすこともできます。(車載が大丈夫なら!!)

冬キャンプは何かと荷物が多くなりがち!車載スペースに限りがあるばコンパクトな石油ストーブがおすすめ!!

 

キャンプでコンパクトな石油ストーブ!!売切れ前に!!冬キャンに向けて買うなら今!!選ぶならアルパカ、フジカ、タクードの3択?!
今年はなんか夏が全然なかったよねぇ~!! ずっと雨続きで・・・あっという間に寒くなってきちゃった。これからの時期は『石...

 

熱量も大きく、気軽に使える石油ストーブは使い方を間違わなければ、冬キャンプで大活躍のアイテムで間違いナシ!!

しかし、石油ストーブも『燃焼』することで熱量を得る暖房器具であるので、一酸化炭素中毒には注意が必要になります。

 

カセットガスヒーターは手軽に使える!!熱量は小さめ、個人用?

iwatani

カセットガスヒーターは気軽さNo1とも言える暖房器具!!

コンパクトでガス缶さえ準備すれば気軽につかうことが出来ます。

 

手軽さNo1!!カセットガスヒーターで寒さ対策!!カリフォルニアパティオ?可愛いストーブNo1は?
キャンプ場って自然の中だから夏でも夜になると急に寒くなることありますよねぇ? 焚き火も消えていて、今更火を起こすのもな...

 

しかし、熱量自体が小さく狭い範囲でしか暖かくないので、冬キャンのメインの暖房器具としては力不足。

不完全燃焼防止装置などが設置されたカセットガスヒーターもありますが、燃焼式の暖房器具なので、一酸化炭素中毒の心配もあります。

 

薪ストーブ、石油ストーブは要注意!!一酸化炭素中毒は死に至る怖い中毒症状!!

薪ストーブ、石油ストーブに共通する一酸化炭素中毒は、薪、石油、燃焼性ガスなどを燃焼する場合には注意しなければいけない中毒症状!!

一酸化炭素中毒とは、閉塞した狭い空間などで、燃焼時に酸素が十分に供給されず、『一酸化炭素(CO)』が発生し、体内のヘモグロビンと『一酸化炭素(CO)』が強く結合することで、全身に酸素が供給されなくなる状態のこと

一酸化炭素中毒の症状としては、軽度では頭痛・耳鳴・めまい・嘔気など、重度になると昏睡状態に陥ります。

一酸化炭素は無味、無臭のため、認識することが難しく、自覚症状を感じる時には身体の自由が利かなくなっていることも!!

燃焼式の暖房器具を使う場合には、必ず伴う危険として一酸化炭素中毒を認識しなければいけません!!(暖房だけでなく燃焼式ランタンを密閉されたテント内で使う場合も!!)

テント内など限られた空間での燃焼式暖房器具を使う場合には、必ず『一酸化炭素チェッカー』の設置をしなければいけません。

 

冬キャンを楽しむ為に、DODのキャンプ用一酸化炭素チェッカーを常備!!一酸化炭素中毒は怖い!!
冬キャンに行くと暖房器具色々使うけど、あっちゃんは、ちゃんと一酸化炭素(CO)検知器持ってる? もちろん!!ぼくはドッ...

 

また、テント内の空間が狭く密閉度が高い場合には燃焼式暖房器具はあまり使うべきではありません。

軽度の一酸化炭素中毒であれば、新鮮な空気を吸う(テント内の空気を入れ替える)ことや、高濃度の酸素を吸入することで症状が改善します。

重度の一酸化炭素中毒は、そのまま死にいたる場合や、生還しても脳障害などの後遺症が残るなど重篤化することが多い恐ろしい中毒症状!!

毎年、わかさぎ釣りのテント内での死亡事故も起こっている一酸化炭素中毒は絶対注意!!

燃焼系暖房器具を使う場合には必ず一酸化炭素チェッカーを携行するようにしましょう。

 

1.非燃焼式の暖房器具(電気ストーブ、電気カーペットなど)

非燃焼式の暖房器具は一酸化炭素を生じることがありません。

コンパクトなテント内でも安心して使える安心感があるので、ファミキャンユーザーにおすすめの暖房器具!!

電源サイトでは最強の暖房!!『電気ストーブ』と『電気カーペット』の組み合わせ!

レトロヒーターM リミテッドエディション RH-002 電気ストーブ ハモサ MILITARY色

『電気ストーブ』と『電気カーペット』の組み合わせは冬キャンプの最強の組み合わせ!!

転倒off機能がある『電気ストーブ』であれば、火災の心配もなく、テント内でも安心して使えます。

 

冬キャン電気ストーブを紹介!!HERMOSAのストーブにメロメロ!!おすすめストーブ5選!!
冬キャンで電源サイトがあるところは、電気ストーブってちょー便利だよね!! テントの中でも、割と気兼ねなく使えますから...

 

『電気カーペット』はテント内で快適に過ごすにはベストなアイテム!!

『電気カーペット』の代わりにテント内に『コタツ』を持ち込むなどの上級者もいますが、車載スペースを考えると『電気カーペット』がマスト!

 

ホットカーペットは初心者冬キャンプにもおすすめ!!安全・安心な暖房はホットカーペットで決まり!!
冬キャンそろそろ行かなきゃね?! 石油ストーブも新調したし寒さ対策もバッチリだしね!! そうなんですかぁ~!! でも...

 

寒い冬キャンプでも、『電気ストーブ』と『電気カーペット』があれば、テント内はぬくぬくで快適!!

一酸化炭素中毒の心配もなく、冬キャンプ最強の暖房器具ともいえる『電気ストーブ』と『電気カーペット』の最大で、根本的な弱点が!・・・

『電源が取れないと使えない!!』

ということです。

今は多くのキャンプ場で電源サイトがあるため、電源サイトにテントを張るのであれば問題ありません。

しかし、ワイルドな野営スタイルのキャンプをする場合には、『電気ストーブ』と『電気カーペット』があっても、『宝の持ち腐れ』です!

また電源サイトで『電気ストーブ』と『電気カーペット』を使う場合にも、

  • 『電気ストーブ』に布団、寝袋などが直接接触するようなことに注意!!
  • 『電気カーペット』に直接身体が長時間触れていると低温やけどの可能性!!

などの注意点もあります。

 

『湯たんぽ』はお母さんのような優しい優しさ!!

61e2n7idkkl-_sl1200_

『湯たんぽ』の暖かさを例えるのならば・・・・『お母さんの優しさ』と例えるべきでしょうか?

その他にも、夜中に潜りこんでくる『飼い猫の暖かさ』と表現すべき暖かさかもしれません。

『湯たんぽ』は、暖かなお湯を準備しなければいけないので、ひと手間かかるとはいえ、安全性も高く、テント内での就寝時には絶対的人気のアイテム!!

 

 

上級者になれば、焚き火や薪ストーブに『抱き心地のよい石』を投入して暖めたものを湯たんぽのように抱きかかえて寝るなどもありますが、僕自身は経験がないのでおすすめはしません。

『湯たんぽ』はじんわりと暖かく、電気を使うこともないので、様々なシチュエーションで便利なので、冬キャンプに限らずインドアでも活躍してくれます。

 

豚ゴリラ
暖房器具があれば、冬キャンプはかなり快適に過ごせますよね! でも燃焼式暖房器具は一酸化炭素中毒が要注意です!!

 

あっちゃん
でも、薪ストーブ、石油ストーブは冬キャンユーザーには人気の暖房器具だよね!! 一酸化炭素チェッカーだけは、携帯必須だよね!!

 

まとめ ~冬キャン初心者の暖房器具は『電気ストーブ』と『電気カーペット』がおすすめ!!~

冬キャンプ初心者におすすめの暖房器具は『電気ストーブ』と『電気カーペット』のコンビ使い!!

今は多くのキャンプ場が電源サイトを設置しているので、『電気ストーブ』と『電気カーペット』は冬キャン最強の暖房器具と言えると思います。

『薪ストーブ』、『石油ストーブ』は熱量も大きく冬キャンプでも活躍してくれますが、一酸化炭素中毒に要注意!!

テント内で使用する場合は必ず、『一酸化炭素チェッカー』を設置し、狭い密閉性の高い空間では使用しないことを心がけなければいけません!

冬キャンプは、暖かい時期のキャンプと違い虫も少なく、空気も澄んで夜空も美しく、自然を楽しむのには最高の季節!!

寒い時期のキャンプを楽しむためにも、防寒対策と安全な暖房をしっかり考えて冬キャンプに行きましょうね!

 

豚ゴリラ
安心・安全を求めれば、電気ストーブ、電気カーペットは最強!! 電源サイトであればですけど・・・

 

あっちゃん
薪ストーブ、石油ストーブでもキチンとチェッカーを使用すれば楽しい冬キャンプが過ごせるよ!!

 

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-キャンプ, 暖房器具

Copyright© HIGH CAMP , 2018 AllRights Reserved.