キャンプ

AIRSTREM(エアストリーム) BASECAMP(ベースキャンプ)がお台場に上陸!!車体スペックと販売価格が明らかに!!

投稿日:


ベースキャンプ image

あっちゃん
最近、トレーラーがすごく気になるんだよね!!

 

豚ゴリラ
あれぇ~!!あっちゃんジムにでも入ったんですかぁ~!! 最近少し身体が締まってきたんじゃないかと思ってたんですよぉ~!! ジムのトレーナーに可愛い女の子でもいるんですか?

 

あっちゃん
豚ゴリラくん?! 『トレーナー』じゃないよ!『トレーラー』!!最近、キャンピングトレーラーがすごく気になるんだよ!!

 

豚ゴリラ
そうですよねぇ~!!『キャンピングトレーラー』があれば、雨が降っても快適に過ごせますしね!!あっちゃんの身体が締まってきたのも気のせいでした!

 

最近、週末になると必ず雨!! 今年ほど天候に恵まれない年もないくらいキャンパー達には残念な天気が続きます。

先輩キャンパーのあっちゃんが最近気になる『キャンピングトレーラー』!

『キャンピングトレーラー』があれば室内空間をそのまま屋外へ持ち出したような快適なキャンプが出来るんです。

その上、雨の中でのテントの設営も必要ないので、天候に恵まれないときにもすごく便利!!

前回紹介したAIRSTREM(エアストリーム)から発売される、BASECAMP(ベースキャンプ)!!

 

日本でも大注目のキャンピングトレーラー!!AIRSTREAM(エアストリーム) BASECAMP(ベースキャンプ)
エアストリームってやっぱり良いよね?そう思わない? そうですねぇ~!! なんだか心落ち着くというか、あの声を聞く...

 

注目のBASECAMP(ベースキャンプ)がとうとう日本に初上陸!!

詳細情報の公開も含め紹介します。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コンパクトボディで日本サイズ!?AIRSTREM(エアストリーム) BASECAMP(ベースキャンプ)

先日、お台場キャンピングカーフェア2017で日本での初披露となったエアストリーム BASECAMP(ベースキャンプ)!!

エアストリームらしいメタリックなビジュアルに、コンパクトなボディが大注目のキャンピングトレーラーです。

大きなトレーラーでは日本の道路では限られた道しか走れませんが、コンパクト設計のエアストリーム BASECAMP(ベースキャンプ)であれば、多くのキャンプ場にも乗り入れることも出来ます。

 

エアストリーム BASECAMP(ベースキャンプ)のスペック

BASECAMP(ベースキャンプ)のスペック
全長 4,880mm
全幅 2,190mm
全高 2,620mm
車両重量 1,250kg
就寝人数 3人
バッテリー 80Ah×2
FFヒーター ガス式
温水装置 ガス式
給水タンク 83リットル
トイレタンク 109リットル(排水コンビネーション)

エアストリームジャパンのfacebookで公開された車体スペックでは、全長4,880mmとの発表!

カタログスペックだと16.3ft(約4,970mm)なので誤差が10cmほど、

アメリカ本国版と日本版との違いなのか?どうなんでしょう?

 

 

 

充実のキッチンスペース

ベースキャンプ キッチンスペース

BASECAMP(ベースキャンプ)のコンパクトなボディの前方部分には、シンクを備えたキッチンスペース!!

標準で装備されたガス式の2口コンロ、冷蔵庫も装備!

オプションで電子レンジを実装させることも出来ます。

 

シャワーとトイレも完備!

ベースキャンプ シャワー トイレ

シャワー、トイレも完備されていますが、トイレタンクと排水タンクは共通のタンクになっています。

 

居住スペースはフルフラットに変身!大きなベッドスペースに!!

トレーラー後方には5人がゆったり過ごせる広いリビングスペースがあり、テーブルを囲んでくつろぐことが出来ます。

ベースキャンプ ベッド

就寝時にはソファーをフルフラットにすることで、ダブルベッドの広さ(カタログスペック231cm×231cm)を確保出来ます。

エアストリームジャパンのスペック公開では3人就寝可、カタログスペックでは2人の就寝可能となっていますが、

大人2人、子供2人くらいの家族構成であれば十分就寝できるサイズ感!

こどもとの週末を自然豊かな場所で思いっきり楽しむための、基地として大活躍してくれそうなBASECAMP(ベースキャンプ)!!

 

 

気になるエアストリーム BASECAMP(ベースキャンプ)の価格は

エアストリームジャパンのfacebookで公開されたBASECAMP(ベースキャンプ)の価格は・・・

車両本体価格 798万円(税別)!!

めっちゃ高い!!

オプションにて

  • ルーフ式エアコン
  • ソーラーシステム
  • 電子レンジ
  • サイドテント
  • リアテント

などの追加も出来ますが、エアコンを取り付けるだけでも余裕で800万円を越えていくでしょう!!(税金入れただけでも・・・)

 

まとめ ~AIRSTREM(エアストリーム) BASECAMP(ベースキャンプ)はお金持ちになったら考えよう・・・~

ベースキャンプ image-2

エアストリーム BASECAMP(ベースキャンプ)は設備も充実していて魅力的!!

コンパクトなボディサイズは日本国内での使用にもちょうど良いサイズです。

でもお値段は決して気軽に購入できる値段ではありません。

僕には今しばらくは購入できる予定はありませんが、お金に余裕がある方はチェックしてみてもいいかも・・・

もっと設備がシンプルでもいいなら『HappierCamper HC1』なんかもおすすめですし、

 

コンパクトなアメリカ製キャンピングトレーラー『HappierCamper HC1』が日本で購入できる!!牽引免許不要!!キャンパー必見!
最近、年取ってきたからか、だんだんとキャンプの設営に時間をかけるのが億劫(おっくう)になってきちゃったんだよねぇ~!! ...

 

設備も充実した、丸みを帯びた可愛いビジュアルの『T・globe(トランキル・グローブ)』のキャンピングトレーラーも!!

 

ファミキャンユーザーの憧れT・globe(トランキル・グローブ)のトレーラーが欲しい!!コンパクトで日本仕様が嬉しい!!
豚ゴリラくんってモチロン『T・globe(ティー・グローブ)』って知ってるよね? 当たり前じゃぁ~ないですかぁ~!! 『T・g...

 

エアストリーム BASECAMP(ベースキャンプ)は僕がお金持ちになったら購入を考えてみたいと思います。

 

あっちゃん
エアストリームのキャンピングトレーラーはキャンパーの憧れ!! 週末の冒険の基地として魅力的だよね!!

 

豚ゴリラ
メタリックなビジュアルと充実したインテリアは魅力的ですけどぉ~!! 値段を考えるとしばらく僕には購入できませんね!!

 

 

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-キャンプ,

Copyright© HIGH CAMP , 2018 AllRights Reserved.