楽天セール

キャンプ テント

2017新作テント!ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)のタケノコテントと新色のカマボコテント!!どちらがお好き?

投稿日:2017年2月22日 更新日:


16806957_1270177159737674_6366453200799622766_n

 

あっちゃん
豚ゴリラくんは、『カマボコ』と『タケノコ』ならどちらが良いと思う?

 

豚ゴリラ
うぅ~ん!! 迷いますねぇ~・・・というか、僕の中で『カマボコ』と『タケノコ』はどちらが良いとか、良くないとかでは無いんです!!両方が渾然一体となっているのが、良いんですよ!!

 

あっちゃん
えぇっ!! 『カマボコ』と『タケノコ』が渾然一体って・・・?

 

豚ゴリラ
いやいや!! だって長崎ちゃんぽんに乗ってる具材は渾然一体となって麺と絡めながら食べるのが良いんじゃないですかぁ~!!

 

あっちゃん
豚ゴリラくん!!『長崎ちゃんぽんリンガーハット』の上に載ってる具材の話じゃないからね!!

 

『長崎ちゃんぽんリンガーハット』のちゃんぽん麺には美味しい野菜や魚介、その他にもカマボコなどが炒められて乗せられています。

野菜の甘みと魚介の旨みを麺と一緒に食べるのは、なんて幸せなのでしょう!!

先輩キャンパーあっちゃんから、「カマボコとタケノコのどっちが良い?」なんて質問を浴びせられて、僕は『長崎ちゃんぽんリンガーハット』のちゃんぽん麺の話をしているのだと勘違いしていました。

しかし、先輩キャンパーあっちゃんの言っている『カマボコ』と『タケノコ』とはドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)の2017年の新作テントの話だったのです。

 

 

2017年も注目のドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)!!

先日、発表された『タケノコテント』は、2017年のグラマラスなキャンプシーンを彩る(T/C)ポリエステルとコットンの屋根の大きなワンポールテントでした。

 

2017年大注目のテントが出現!!グラマラスなキャンプシーンを彩るドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)タケノコテントとは何だ!!
ヤバイよ!!豚ゴリラくん!! ドッペルギャンガーからどえらい新作テントが出るらしいよ!! えぇっ!!そうなんですかぁ...

 

そんなドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)から今年発売予定のテントでもう一つ注目のテントが!!

そうです!!去年キャンパー達から大人気を博した、あの『カマボコテント』が新色になって発売予定なのです!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) タケノコはワンポールテント!カマボコはトンネルテント!

『タケノコテント』は、テントの中心にポールを立て、そのポールを中心にテントを張るワンポールテント!

『カマボコテント』は4本のスリーブにポールを入れてペグダウンするだけのシンプルなトンネル型テントです!

そんなドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)の注目の新作テントを比較してみたいと思います!!

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) タケノコテントは設営簡単でポリコットンが高級感を演出!!

gallery07

出典:DOPPELGANGER

 

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) タケノコテントはワンポールテントなので設営が簡単!!

そしてポリコットン素材の屋根は、コットンの独特な柔らかな肌触りで高級感に溢れたビジュアルを演出してくれます!!

テントの明かりが柔らかく外に漏れる姿はラグジュアリーでグラマラスです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) タケノコテントは「裸足型ワンルーム」を提唱しているテントなだけあってテント内スペースが広々で、寝室としてだけでなくリビングスペースをかねたテントになっています!!

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) タケノコテントのビジュアルから連想されるのはモンゴルで使われるゲル!!

mongolia-gel

アウトドアの中で、『インドア』を満喫する為のテントといえるかも知れません。

 

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) カマボコテントは2ルームのトンネル型でタープいらずの広々リビング!!

14484679_1128692870552771_2959275644735821978_n

出典:DOPPELGANGER OUTDOOR facebook

 

2017年ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) カマボコテントの新色は未だ正式に発表はされていません。

しかしドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)のFacebookには2017年発表予定の新色のカマボコテントの画像がアップされています。

2016年大人気だったナチュラルカラーの『カマボコテント』が、2017年はまるでスノーピークを思わせる赤茶色のテントになって再登場の予定です。

(僕個人としては、ナチュラルカラーの2016年の『カマボコテント』の方が好みです・・・)

写真を見る限りサイズなどの大きな変更点はないように見えます。

※追記:2017年カマボコテントの新作は2016年と同色のナチュラルカラーでの販売が発表されました

 

 

前に紹介した2016年のナチュラルカラーシリーズの『カマボコテント』のスペックで比較していきたいと思います。

 

ファミキャンにおすすめ!!トンネル型ツールームテントを比較!!Coleman(コールマン) バーガンディとDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)カマボコテントの魅力とは!!
出典:ドッペルギャンガー ドッペルギャンガーのワンポールテントやっぱ値段も手頃でお買い得感があるんだよなぁ~ でも前室がな...

 

2ルームのトンネル型テントはタープを張ることなく、大きなリビングスペースを確保することが出来ます。

タケノコテントと違い寝室スペースとリビングスペースが分かれていて、ファミキャンで子供達がインナーテントで寝静まってからリビングスペースでママとお酒を楽しむ!!なんて場合は寝室とリビングが分かれたカマボコテントは使い勝手が良いです。

 

あっちゃん
『タケノコテント』も『カマボコテント』もファミキャンには十分な広さのテントだよね!!

 

豚ゴリラ
『タケノコテント』のグラマラスなビジュアルが凄い可愛いよねぇ~!!

 

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) タケノコテントとカマボコテントのスペックの違い

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) タケノコテント

size-4

出典:DOPPELGANGER

 

タケノコテントは設営時には(約)W4500×D4500×H2800mmの収容人数が8人の広々サイズのテントです。

カマボコテントのように寝室スペースとリビングスペースが分かれた作りではなく、「裸足型ワンルーム」としての使用を考えるとテーブルや椅子などをテント内に持ち込む事を考えると、寝室としての有効スペースは5人~6人くらいが実現的なサイズ感だと思います。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) カマボコテント

size6

出典:DOPPELGANGER

カマボコテントは(約)W3000×D6400×H1950mmの横長の長方形型のテントです。

インナーテントサイズが(約)W2800×D2200×H1900mmで5人就寝可能になっています。

リビングスペースとして(約)W3000×D4200mmが確保されていて、かなり広々としています。ファミキャンのリビングとしてだけでなくグループキャンプをした時でも共有のリビングスペースとしてもかなりの大人数を収容できるサイズ感です。

 

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) タケノコテントとカマボコテントのサイズと重さ

14494775_1128695817219143_7833224854954995535_n

出典:DOPPELGANGER OUTDOOR facebook

 

タケノコテント カマボコテント
W4500×D4500×H2800mm サイズ W3000×D6400×H1950mm
W820×D350×H350mm 収容サイズ W670×D290×H290mm
20.5kg 重量 13.7kg

ファミキャンで使用するにはどちらも十分な広さのテントです。

タケノコテントは素材がポリコットンを屋根部分に使用しているので、重量が重くなっています。

オートキャンプで、車を乗り入れできるサイトであればそれほど重みは気になりませんが、車が近くに止められない場合にはやはり少し重いです。

 

あっちゃん
『タケノコテント』は広いキャンプ場じゃないと設営大変そうだねぇ~!!

 

豚ゴリラ
僕なら20kgくらいの荷物ならいくらでも運搬できますよぉ~!!

 

 

まとめ ~どちらも魅力的なテント!! シチュエーション(設置状況)の違いが重要!!~

gallery06

出典:DOPPELGANGER

 

ワンポールテントの『タケノコテント』と2ルームのトンネルテント『カマボコテント』を比較するのが、少し無理があるのかもしれません。

『タケノコテント』はワンポールを中心にロープでテンションを掛ける事で自立するテントなので、広々とした平らなサイトが必要になります。

ある程度の面積が確保できる平らなフリーサイトなどであれば、広いテント空間を生かしてグラマラスなキャンプシーンを演出することができると思います。

しかしスペースが限られた状況ではなかなかテントを設営しにくいサイズ感です。

『カマボコテント』もかなり大きなテントですが、4本のスリーブにポールを差し込む自立型のテントなので、ある程度の斜面や凹凸があってもテントを設営をすることが出来ます。

そういう意味では『タケノコテント』よりも設営場所に”左右されずらい”といえるかもしれません。

また『タケノコテント』はアウトドアのキャンプ場においてはインドアに閉じた空間を楽しむテントなので、焚火や炭火でBBQを楽しみたい!!というキャンパーにとってはテントとは別にタープなどで空間の確保を行うことになるかもしれません。

『タケノコテント』も2017年の新色の『カマボコテント』も大注目のテントです。『キャンプを張る場所』のことや『キャンプでの過ごし方』も考えつつテント選びをしてみてはどうでしょうか?

 

あっちゃん
『タケノコテント』のグラマラスなイメージはお洒落なキャンパーには魅力的だよねぇ~!!俺も大きなテントの中でゆったり過ごしてみたいなぁ~!!

 

豚ゴリラ
でも、大自然を満喫するなら、広いリビングスペースで自然を感じながら炭火を囲むのもいいじゃないですかぁ~!!

 

アイキャッチ画像 出典:DOPPELGANGER OUTDOOR facebook

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, テント
-, ,

Copyright© HIGH CAMP , 2018 AllRights Reserved.