楽天セール

キャンプ タープ テント

【無限拡張可能?!】NEMO(ニーモ)『ヘキサライト6P』を連結張り!!広々室内空間を実現!!

投稿日:


豚ゴリラ
ニーモ『ヘキサライト6P』を連結張り!!鬼滅の刃【無限列車】みたいに広い室内空間!!

 

あっちゃん
なに?!その鬼滅の刃人気にあやかりたい風な言い回し!!列車みたいに連結出来るのはイメージできるけど・・・

 

豚ゴリラ
そうなんです!!列車みたいに連結すれば、無限に広がっていきますよぉ〜!!

 

我が家でも小学3年生の三男を中心に、コロナ自粛期間にアマゾンプライムアニメから流行した『鬼滅の刃』!!

テレビアニメの人気をそのままに、映画公開された【無限列車編】は公開3ヶ月経たずに早くも興行収入1位になったそう・・・

キャンプで快適な広々空間なテントサイトがあれば嬉しいと思う人も多いはず・・・

我が家でも大活躍のNEMO(ニーモ)の『ヘキサライト6P』は広さはそこそこですが、設営も簡単でビジュアルもカッコ良い(僕主観ですが・・・)なフロアレスな2ポールシェルター!!

今回は、『ヘキサライト6P』を巷で人気の【無限列車】のように連結して設営してみました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【無限拡張可能?!】NEMO(ニーモ)『ヘキサライト6P』連結張りしてみた!!

我が家が所有してる『ヘキサライト6P』は、

  • SE(マルチカムアリッド)
  • キャニオン

の2幕です。出番が多いのは『マルチカムアリッド』の方、価格は高いですが、軽量で室内が明るく、そしてビジュアルがカッコ良い!!

今回は、畑で常設して薪ストーブを楽しんでる『マルチカムアリッド』を拡張する形で、『キャニオン』のヘキサライト6Pを増設してみました。

 

 

 

連結は簡単?!カラビナでシェルターを固定

ヘキサライト6Pを連結張りするのに準備したのが『カラビナ』

今回『デュアルカラビナ』という両側がカラビナになったアイテム(※実際に使ってみたら普通のカラビナで十分(の方が良い?!)だと思いました。)

我が家のマルチカムアリッドは、先日自宅で洗濯して燻製臭さも消えて、綺麗にリフレッシュ!!

 

【テントが煙臭い!!】自宅でテントクリーニングしてみた!!しっかり干せないなら、専門業者に頼むのが良いかも・・・
キャンプって焚き火したり、BBQしたりで、洋服も煙臭くなりますが、テントも長年使ってると煙臭くなりますよね?! そうね!...

 

今年も来春まで畑に常設して休日キャンプで薪ストーブに火入れしながら楽しむ予定!!

そんなマルチカムアリッドの増設側のテントポール設置部分の外側にあるフックにカラビナを設置。

増設側の不要なペグを全部引き抜き、天頂部をカラビナで連結しながら、追加の『キャニオン』を設営していきます。

また、連結部分はニーモの二股化アイテム『アジャスタブルタープポールエクステンション』を使用!!

 

【ヘキサライトを二股化!!】ニーモ『アジャスタブルタープポールエクステンション』で広々スペースを実現!!
二股って良いですよね?! 何言ってんの?!ダメだよそんなの!!世間一般的な倫理観からは外れてるからね!! 違う...

 

連結部分の真ん中を遮るポールは排除出来れてる状況での設営となってます。

左右の連結部分がこんな感じ!!

連結部分のペグを共有することで、2つのテントをより密着させたり、

左右のテントの巻き上げ部分を固定する無理やり繋ぐことで連結を強めました。(この部分もカラビナで連結したら良いかも?!)

何だかんだで、連結張り完了!!

設営自体は難しくはありませんが、今回の設営が正解とは言えないかも?!もっと工夫しようがありそうです。

室内空間広々!!

写真では伝えられない位に、広々空間が実現できちゃう!!

後述しますが、今回の設営では連結部分に隙間が生じてしまってるので、『マルチカムアリッド』側を張り出す形にしていますが、凄く広々した空間で、ファミキャンだけでなくグルキャンにもぴったりな広さになりました。

ヘキサライト6Pの単体での広さは、

『中途半端なサイズ感!!』

と揶揄されることもありますが、連結することで簡単に大きな空間を作ることが出来ちゃう!!

イマイチ写真じゃ伝わんないけど、広いリビングスペースに、予備スペースがさらに追加された感じで、かなり快適な空間になりました。

 

 

理論的には無限に連結出来ちゃう!!

ニーモ『ヘキサライト6P』の連結張りは、単純に連結して設営するだけだから、理論的には無限に繋げて設営出来ちゃう!!

実際キャンプで使うなら、2連結〜3連結位が現実的だけど、大人数で広いスペースを作りたい場合には、連結することで広いスペースが出来ちゃいます。

連結方法は再考の余地あり?!

今回、両側がカラビナになった『デュアルカラビナ』を使ったことで、シェルター間の距離が若干開いたことで、隙間が生じてしまいました。

シンプルな【カラビナ】で連結した方が隙間が開きづらかったように思う。

隙間からの冷気や雨水の侵入を防ぐ為に、『マルチカムアリッド』側の裾部分(?)を『キャニオン』に入り込む形で途中まで設営してる形にしています。

次回連結張りする際には、小さなカラビナで、連結部を固定して設営してみたいと思います。

あと、今回二股の『アジャスタブルタープポールエクステンション』部分に荷重が掛かる形での設営なので、耐荷重的に大丈夫かどうかは不明!!なので、左右のシェルター部分に、ポールを設置したほうが安全かも知れません。

 

まとめ 〜ニーモ『ヘキサライト6P』の連結張りで快適広々空間!!〜

連結張りしたニーモ『ヘキサライト6P』のシェルター内は、広々して超快適!!

とは言え、広くなった分、冬の寒い時期にはテント内は暖まりにくく、明かりをとるのも複数のライトが必要になります。

僕自身は、単体での『ヘキサライト6P』で、ファミキャンまで快適に過ごせる!!と思ってはいますが、やっぱり連結した広々空間で過ごすのは快適です。

鬼滅の刃『無限列車編』みたく無限連結したら、ファミキャン〜グルキャンにまで、いろんなシチュエーションで活躍してくれます!!

ヘキサライト6Pの連結張りで快適なキャンプライフを過ごしてみてはどうでしょう?!

 

豚ゴリラ
連結張りでテント内の広い空間を実現しましたが、家族の誰一人として(唯一残った三男すらも・・・)、一緒にテントに来てくれないのが悩みです・・・・

 

あっちゃん
イマイチ大きくないイメージな『ヘキサライト6P』も連結したら凄く大きくなるよね?!大人数のキャンプにもぴったりだね?!

 

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, タープ, テント
-

Copyright© HIGH CAMP , 2021 AllRights Reserved.