楽天セール

キャンプ タープ テント

テンマクデザイン『ペポクイックキャビン』がソロキャンに!!ペポライトのリビングにもぴったり!!

投稿日:


あっちゃん
レトロな雰囲気のPEPO(ペポ)にワンタッチなシェルターが登場!!

 

豚ゴリラ
テンマクデザイン『ペポクイックキャビン』なら設営も簡単!!

 

あっちゃん
ソロキャンにも良さそうなシェルターが人気の予感?!

 

テンマクデザインからレトロな雰囲気SOLUM(ソルム)のカボチャの様なPEPO(ペポ)カラーのワンタッチシェルターが登場!!

我が家でも愛用してるPEPO(ペポ)カラーのサーカスTC DXも雰囲気バツグン!!

 

【レビュー!!】テンマクデザイン『サーカスTC DX』を更にデラックスにする『フロントフラップ』が快適過ぎ!!使い勝手と注意点!!
『サーカスTC DX』のオプションパーツ『窓付きフロントフラップ』を使ってみました!! サイドフラップ付きの人気のワンポー...

 

今回登場なのは、ワンタッチで設営出来るシェルターの『ペポクイックキャビン』!!

PEPO(ペポ)シリーズのようにサイドウォールにTC素材が使われ、独特な色味と風合いに、格子窓やアーチ型の出入り口がヴィンテージテントを思わせる雰囲気でおしゃれなんです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

テンマクデザイン『ペポクイックキャビン』!!レトロな雰囲気がおしゃれ!!

出典:tent−Mark DESIGN

テンマクデザインから登場の『ペポクイックキャビン』は、SOLUM(ソルム)とコラボしたレトロなPEPO(ペポ):カボチャを思わせる色褪せたようなオレンジ色が特徴なシェルター!!

我が家で使ってる『サーカスTC DX ソルムバージョン』以外にも、A型フレームテント『ペポ』や、コンパクトサイズの自立式フレームの『ペポライト』などが登場していました。

今回登場の『ペポクイックキャビン』は色んな場面で活躍してくれそうなマルチなシェルターになっています。

 

『ペポクイックキャビン』スペック

組み立てサイズ フライシート:(約)2,650×2,650×2,400(高)mm
ポール:(約)2,600×2,600×2,400(高)mm(軒高1800mm)
収納サイズ 本体生地:(約)980×230×220mm
ポール:(約)1000×200×200(高)mm
総重量 総重量:(約)20.86kg
素材 フライシート:コットン混紡生地(TC):ポリエステル65% コットン35%(撥水加工)
屋根・マッドスカート・縁部:ポリエステルオックス210D(撥水加工・テフロン+UVカット加工、PUコーティング)
メッシュ:ポリエステルメッシュ75D
ポール:ポール/スチール(黒) ジョイント/ポリプロピレン(黒)
収納ケース:ポリエステル
付属品 ペグ×19本、張り綱×8本、収納ケース×2

サイズは約2.6m四方の面積に垂直に立ち上がるシェルターで、決して大きなサイズではない感じ!!

PEPO(ペポ)のくすんだオレンジっぽいレトロな感じのサイドウォール部分は、TC素材になっています。

屋根やスカートはポリエステル素材で、くすんだグリーンのカラーリングがオレンジのカラーと相性バツグンです。

テンマクから先行で発売されている『ガレージテント』のサイズ:(約)2,830×2,310×2,120(高)mmと似たようなサイズ感のテントで、使い方によりますが、単体でリビング・寝室を兼ねるなら1〜2人での使用が良さそうなサイズ感。

出典:tent−Mark DESIGN

別売りでハーフインナー((約)1,200×2,400×1,700(肩口高)/2,180(最後部高)mm)も発売されるので、インナー設置した時には、使い勝手は似た感じになりそうです。(前室部分はペポクイックキャビンの方が狭い)

総重量は、TC素材を使用してることもあり、20kgを超えるシェルターとなってるので、車での運搬が必要になっちゃうと思うので、オートキャンプ専用になると思います。

 

 

フレームはニューテックジャパン監修で簡単設営!!

『ペポクイックキャビン』に使われるフレームは、ニューテックジャパン監修となっています。

ニューテックジャパンと言えば、大型ツーポールシェルターの『HIDEOUT(ハイドアウト)』などのアウトドアアイテムを展開するブランド【鎌倉天幕】を手掛けるメーカーさん!!

 

【ナショナルジオグラフィック】×【鎌倉天幕】コラボが熱い!!大型ツーポールシェルター『HIDEOUT(ハイドアウト)』に大注目!!
今年の夏も蒸し暑い!!毎日汗が滝のようですぅ〜!! そうなんだよ!!今年の夏は【ナショナルジオグラフィック】×【鎌...

 

数多くのアウトドアブランドのテントを作ってきたメーカーで、ワンタッチテントシェアNo1のテントメーカー!!

独自技術が詰め込まれたフレーム構造の『ペポクイックキャビン』は設営も簡単で、強度も折り紙付きです。

 

ディテール

出典:tent−Mark DESIGN

『ペポクイックキャビン』はフロアレスのシェルターになっていて、ひと目見た印象は、開放部が大きくて風通しが良さそうだと言う所!!

4面すべての面でメッシュにすることが出来るので夏の暑い時期にもかなり快適に過ごせそう!!

入り口側には大きな格子窓も配置され、光が多く取り込まれる室内は明るくて気持ちよく過ごすことが出来ます。

ワンタッチタープと同様な構造の『ペポクイックキャビン』は、垂直に立ち上がるサイドウォールで、デッドスペース無く使えるのも特徴!

 

ペポライトと連結すればファミキャンにも使える!!

出典:tent−Mark DESIGN

SOLUM(ソルム)の同色のテント『ペポライト』との連結張りも出来るので、キャンプのリビングスペースとしても大活躍!!

『ペポライト』を寝室スペースとして確保できれば、大人:2人+子供:1〜2人位までのファミキャンに良さそうです。

出典:tent−Mark DESIGN

リビングスペースとして使うなら、ファミキャンでも十分なサイズ!!デッドスペースも少なく広々と使えると思います。

 

 

出典:tent−Mark DESIGN

カーサイドシェルターのように車と連結して設営すれば、リビング・キッチンスペースとしても車中泊を快適に過ごせるシェルターとして大活躍!!

連結パーツなどは準備されていないので、市販品を使っての設営となりますが、車中泊ユーザーにもおすすめのシェルターです。

 

まとめ〜設営も簡単!!PEPO(ペポ)カラーのレトロな『ペポクイックキャビン』が使い勝手良さそう!!〜

『ペポクイックキャビン』は単体ではそれ程大きなシェルターではありません。

単体使いなら、1〜2人でのキャンプなどに良さそうですが、『ペポライト』との連結ならファミキャンでの使用でも十分なリビングスペースとして活躍してくれます。

全面メッシュにも出来る、風通し良さそうなシェルターは、これから暖かくなる時期のキャンプでも良いと思います。

カーサイドタープの様な使用方法などと、いろんな使い方が出来そうで、レトロな雰囲気漂うシェルターは人気になりそうですね?!

 

あっちゃん
レトロな雰囲気なワンタッチ設営なシェルターだね?!

 

豚ゴリラ
最近、テンマクデザインのテントは『ガレージテント』や『ミグラテール』など、レトロでソロに人気が出そうなテントが盛り沢山です!!

 

あっちゃん
色々あって迷っちゃうよねぇ〜!!

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, タープ, テント
-

Copyright© HIGH CAMP , 2021 AllRights Reserved.