楽天セール

アパレル キャンプ シュラフ・寝袋

DOD『BUKURO MAN X(ブクロマンX)』が冷え性の僕にぴったり?!ツナギみたいなワイルドルックがカッコ良い!!

投稿日:


豚ゴリラ
僕って末端冷え性だし、寒い時期って本当に辛い・・・

 

あっちゃん
そうだよねぇ〜・・・豚ゴリラくんの出身と言えばアフリカだからね?!寒さには弱いよねぇ〜!!

 

豚ゴリラ
いやいや!!僕!幼少期から必ず【ゴリラ】ってあだ名で呼ばれて来ましたが、れっきとした霊長類ヒト属ですからね!!鳥取の西の漁港生まれですから!!

 

ゴリラって何だか一種類しかいないイメージですが、【ニシゴリラ】と【ヒガシゴリラ】の2種類がいるらしい・・・

さらに2つずつに分類すると、

  • ニシローランドゴリラ
  • クロスリバーゴリラ
  • マウンテンゴリラ
  • ヒガシローランドゴリラ

の4種に分類されるそう・・・でも、どのゴリラもアフリカに本拠地を於いて生活されているようです。

幼少期から、顔面がゴリラっぽいからなのか?!それとも立ち振舞と骨格がゴリラっぽいからなのか、あだ名は必ず『〇〇ゴリラ』と呼ばれた僕は、西日本の鳥取に位置する港町で生まれ育ちました。

西日本の鳥取でも西部に位置する”マグロが水揚げされる”と街が沸く港町を生息地とした僕は『ニシローランドゴリラ』に分類されることは無く、顔面その他がゴリラっぽいと言うだけでれっきとした『霊長類ヒト属』です。

そんな僕は、昔から太り易い体質で、十数年前から一日一食の生活を過ごしてきたからか(?!)、代謝機能が著しく低く、末端冷え性はもちろん、冬になると家でも、ダウンジャケットを着込み、靴下を履いて羽毛布団にくるまらないと寝られないほど代謝機能が低くなってしまいました・・・

 

寒い時期のキャンプは空気も澄んで気持ちいい!!

焚き火で暖を取り、暖かい料理で身体を温めて過ごす時間は、自然をヒシヒシと感じる素敵な時間です。

・・・でもやっぱり寒い!!末端冷え性&基礎代謝が著しく低くなった僕にとっては寒い季節は辛いんです!!

そんな寒さに弱い人の冬キャンにDOD『BUKURO MAN X(ブクロマンX)』がぴったりなんです!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

DOD『BUKURO MAN X(ブクロマンX)』が暖かそう!!しかもカッコ良い!!

うさぎのロゴがトレードマークとして日本のキャンパーに定着しつつあるDOD(ディーオーディー)から登場の防寒ウエアが『BUKURO MAN X(ブクロマンX)』!!

『ブクロマンX』なんて大層強そうなアメコミに出てきそうな名前の防寒ウエアは、寒い時期のキャンプだけでなく、全身をしっかり防寒してくれるアイテムとして寒さに弱いユーザーには大活躍してくれそうなアイテム!!

全身陶器を身に纏った『トーキマン』は、大学時代の友達が作ったポンコツなきぐるみで、防寒性など皆無に近く、動きも制限される良いこと無しなアイテムで、防御力が2ポイント上がる代わりに、素早さが15ポイントは下がる呪いのアイテムに等しい・・・

大学の卒業制作で作った陶芸作品『トーキマン』のイメージ動画には20年前の僕の姿が映し出されているのも懐かしい・・・
今でもとってもキュートで実用性0な陶芸作品を作る友人には、アウトドア用の土鍋を作ってもらったりしたけど、いまいち可愛く無くて(実用的にも微妙)で使ってない・・・・

そんな『トーキマン』とは大違いにDOD×西川株式会社がコラボした機能的な『ブクロマンX』はビジュアル的にもオシャレ!!

西川株式会社は日本の寝具メーカーとして有名な羽毛布団で有名な『西川ふとん』のメーカーさん。

『ブクロマンX』はふんわり暖かな羽毛布団のノウハウを生かした防寒ウエアになってます。

ツナギルックなビジュアルがワイルドでカッコ良い!!

『ブクロマンX』は上下が繋がった作業着を思わせるツナギの様なビジュアル!!

カラーも

  • カーキ
  • ブラウン

の2色となっていて、自然に溶け込むカラーリングがワイルドでカッコ良いんです!

ポリコットン素材が火の粉に強い!!

出典:DOD

『ブクロマンX』は火の粉に強いポリコットン素材(ポリエステル×コットン混紡)で出来ています。

アウトドアでの焚き火周りでの使用も、化学繊維よりも安心!!

寒い時期の工場などでの作業着としても活躍してくれそうで、溶接作業などをする際にも良いかも・・・などと想像が膨らみます。

けっして燃えない素材というわけではないので、過信は禁物ですが、幅広いシチュエーションで活躍してくれそう!!

 

着たままトイレシステムが何気に便利かも?!

出典:DOD

『ブクロマンX』はお尻部分に大きく開くファスナーを配置しています。

寒い時期にトイレに行っても、ファスナーを大きく開くことで上半身を脱ぐことなくトイレを済ますことが出来ます。

  • 和式トイレだとちょっと心配!!
  • 太りすぎて自分では、お尻部分のファスナーが開けられない!!

などの不安要素は取り除けないですが、大きなお尻ファスナーが設置されることで、メリットが多く感じられると思います。

 

サイズはS&Mのみ!!大柄の人はNG!!

出典:DOD

ブクロマンX(S) ブクロマンX(M)
推奨身長 150cm~165cm 160cm~175cm
推奨ウエスト ~100cm ~110cm
重量(付属品含む) (約)1kg (約)1.1kg
収納サイズ (約)直径17×長さ37cm (約)直径19×長さ41cm
材質 寝袋表面生地:ポリコットン(ポリエステル85%、綿15%)
中綿:ホワイトダックダウン85% フェザー15% (650FP)
キャリーバッグ:ポリコットン(ポリエステル85%、綿15%)
カラー ブラウン
カーキ

『ブクロマンX』は2サイズでの展開となっています。

  • Sサイズ
  • Mサイズ

出典:DOD

Sサイズは150cmの小柄のおねえさんが着て、大きめで可愛い感じ!!(おねえさんが可愛い!!)

出典:DOD

Mサイズは175cmの細身イケメンが着てジャストサイズな感じ!!

横幅的にはゆったりした作りなので、ちょっと太めな僕(169cm、76kg)でもMサイズなら行けそうです。

しかし、180cmを超える大柄な男性なら、Mサイズはかなり小さくなっちゃうと思うので、着る人の大きさによっては選べるサイズがありません。

友達の196cm、150kg(暫く見てないけど、今100kgまで痩せたらしい)の体型なら、間違いなく着ることは出来ないでしょう・・・

 

まとめ 〜『ブクロマンX』は、ツナギルックなビジュアルでミリタリーカラーがカッコ良い!!〜

出典:DOD

DODの『BUKURO MAN X(ブクロマンX)』はミリタリーなカラーに作業着のようなツナギルックなビジュアルがカッコ良い・・・

羽毛ぶとんメーカーの『西川株式会社』とのコラボ防寒ウエアは、アウトドアだけでなく、末端冷え性で代謝異常な僕のような間違ったダイエットで基礎代謝が異常に低くなった人の日常使いの防寒着としても活躍してくれると思います。

値段は2万円程と、決して安いモノではありませんが、ダウンの寝袋を3万円以上で購入するのなら、日常使いにも活躍してくれてお得だと思います!!

日常使いにはちっとも役に立たない『トーキマン』より冬キャンに役立つ防寒ウエア『ブクロマンX』が大注目です!!

 

あっちゃん
『トーキマン』って何?!そんな陶器で出来た無駄なコスチュームの情報が必要?!

 

豚ゴリラ
僕の青春の1ページですから・・・、『トーキマン』と戦う若かりし日の自分の姿を懐かしんでいるんです・・・

 

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-アパレル, キャンプ, シュラフ・寝袋
-

Copyright© HIGH CAMP , 2021 AllRights Reserved.