楽天セール

キャンプ タープ テント

【レビュー】ブッシュクラフトに大人気『DDタープ 3.5 x 3.5 MC』の良い所!!イマイチな所!!ソロもしくはデュオキャン目線で考えてみた!!

投稿日:2020年7月6日 更新日:


豚ゴリラ
我が家もソロ・デュオキャン用に『DDタープ』を新調しました!!

 

あっちゃん
『DDタープ』ブッシュクラフトや野営スタイルなキャンパーにも人気だからねぇ〜・・・

 

豚ゴリラ
高い耐水圧でワイルドなキャンパーに人気のタープを設営してみて感じた所をレビューします!!

 

今ではyou tuberとしてもお馴染みのお笑い芸人『ヒロシ』さんが愛用していることでも有名な『DDタープ』!!

ソロキャンパーに人気のブッシュクラフトや野営スタイルのワイルドなキャンプにぴったりなイメージ!!!

強い雨からキャンパーをしっかり守る耐水圧3,000mmのスペックに、お手軽な価格のタープは、多くのキャンパーに愛用されています。

今回我が家は、【ソロキャン】もしくは、三男と2人の【デュオキャン】でバックパックでキャンプに行きたいと思い『DDタープ』を購入!!

NEMO『オーロラストーム2P』の快適なリビングルームに使えるのか?!

人気の『DDタープ』の良い所と、イマイチな所をソロ〜デュオキャン目線で考えてみました。

 

【レビュー】DD Tarp(DDタープ) 3.5 x 3.5 MC(マルチカム)を使ってみた!!

今回僕が選んだのが『DD Tarp 3.5 x 3.5 MC(DDタープ 3.5 x 3.5 マルチカム)』!!

シチュエーションとして考えてるのが、

  • ソロ〜デュオキャン(三男と一緒に!!)
  • バックパッキング出来るサイズ

で有ること!!

他にも欲しい!!と思うタープはありましたが・・・

 

【ソロ〜デュオキャン用】軽量でコンパクトに収納出来るバックパッキングにぴったりなタープ5選!!
ソロ・デュオキャン用のタープが欲しい!! ソロ用でも色々なタープがあるからねぇ〜・・・ 軽量でコンパクトに収納...

 

最後はやっぱり価格的に手頃であることが決め手になったと思います。

サイズ的には【3×3】と【3.5×3.5】を凄く迷いましたが、NEMO(ニーモ)『オーロラストーム2P』を使っての父子キャンする際に、ちょっとでも大きい方が良いかなぁ〜・・・と【3.5×3.5】にすることに!!(※どっちが良かったかは微妙・・・)

【開封】DDタープ 3.5 x 3.5 マルチカム

『DDタープ 3.5 x 3.5』をとりあえず開封してみます。MC(マルチカム)以外のカラーも同じ!!

内容物は

  • 本体
  • スチールペグ×4
  • ガイライン×4
  • 収納袋
  • ペグ用収納袋

になっていて、重量は1,050g(※ペグ&ガイラインは除く)と、凄く軽いわけではありません。

開封した印象は・・・若干ビニールシートっぽい感じ!

アタッチメント(ループ)

『DDタープ』の特徴として、アタッチメント(ループ)が19箇所設置されたことで設営バリエーショを沢山持ってること!!

ループを使って色んな張り方が出来るのは便利そう!!限られた空間や、木々が生い茂る場面などでブッシュクラフトや野営をする際には、沢山のループが活躍してくれると思います。

四隅に配置されたアタッチメント(ループ)部分が上記の感じ、裏地部分に補強が入りしっかりとした作り。

四隅以外のタープの4辺に配置された12箇所も三角形の補強生地が入っています。

四隅の補強と同じく黒い硬めの補強生地になっていて強度はかなりありそう!!

タープ中央を左右に配置された3箇所のループは上記の感じ!!

本体の外側に配置されたループの補強とは違い裏地には本体と同じ柄の布で補強がされています。

裁縫などは割と雑な感じで、糸が解れた部分も多数ありました。

しかし、耐水圧3,000mmを誇るタープの縫い目には、しっかりシームシールが施されていて、雨漏りには強そう!!

 

付属品のペグ・ガイロープ

4本の貧相な感じの【スチールペグ】は、地面が柔らかいキャンプ場なら問題ないかもしれません。

・・・が、今回の設営でスグに変形していました。

【ガイライン】も4本付いていますが、中学生男子の体育着のパンツ紐に使われてそうな感じ!!(柔らかくて安っぽい)

ガイラインに付いてる自在金具(プラスチックでも自在金具?!ラインロック?!)はビジュアルは安っぽいですが、使ってみた感じは、しっかりガイラインを把持してくれて、案外使えそうな感じ!!

・・・とは言え、後述しますが、スチールペグとガイラインは付属してますが、(※我が家の使用目的としては)あんまり使えない・・・、別途購入するのが◎だと思います。

 

【設営】DDタープ 3.5 x 3.5 マルチカム

梅雨時期の今日このごろ・・・休みの度に雨に降られます・・・。

しょうがないので、雨が上がった合間をぬって、庭にタープを張って見ました。

DDタープにはタープポールは付属していないので、ケメコの伸縮自在(最大180cm)のタープポール『テレスコカーボンポール180パワーツイスト』を使用して設営です。

上記は、付属のガイライン×4、スチールペグ×4に、タープの四隅をペグダウンするのに+4本のペグを使用。

タープポールは、140〜150cmの高さに調整して、タープ左右をペグダウンして見ました。

『DDタープ 3.5 x 3.5』をA型フレームのシェルターにして使うなら、ソロならしっかりした寝床を確保出来る(ローコットを設置したら良さそう!!)サイズ感!!

・・・ですが、我が家の考えるシチュエーションのNEMO『オーロラストーム2P』と共に使うには狭そう・・・

という事で、タープポール長を140〜150cmに保ちながら変則的な張り方で設営してみました。(+でガイロープ×2本使用)

『オーロラストーム2P』のインナーテントだけをタープに入れ込んで見ましたが、リビングスペースと言うより、フライシートの代わりにタープを張ってるだけ・・・

テントを外に出してフライシート被せればリビングスペースとして使えそうですが、僕のイメージとはちょっと違う。

タープポールを180cmまで最長に伸ばし、ペグラインを左右に追加して設営!!

横から見たら↑こんな感じで、NEMO『オーロラストーム2P』のインナーテントが良い感じに収まってる!!

フライシートを設置しても、タープ内に上手く収まる感じに設営できました!!

ソロ〜デュオキャンになら十分なリビングスペースを確保出来るので大満足!!かなり快適に過ごせそうです。

・・・が、この設営するために、ガイライン×6本、ペグを6本追加してるので、『DDタープ』の付属品だけでは設営出来ません。

 

『DDタープ 3.5 x 3.5 MC』の良いところ!!イマイチなところ!!

『DDタープ 3.5 x 3.5 MC』を開封・設営してみて純真無垢なアラフォー男子が感じた所を紹介してみたいと思います。

良いところ

純真無垢な僕が思った『DDタープ 3.5 x 3.5 MC』の良いところは

  • 手軽な価格
  • 耐水圧が高い
  • MC(マルチカム)がカッコ良い!!

という事!!

今回僕が購入した『DDタープ 3.5 x 3.5 MC』は1万円以上の価格でしたが、【3×3】サイズなら1万円を切る価格で購入出来ます。我が家はデュオでも使うので、ちょっとでも大きめを・・・と思って【3.5×3.5】サイズを選んだけど、【3×3】でも良かったかも?!

後は、耐水圧3,000mmの防水性の高さは魅力!!

上記しましたが、裁縫の縫い目部分にはシームシールがしっかり施され、雨漏りは当分しなそうです!!

あとは、MC(マルチカム)柄は、カモフラージュが大好きな僕にとっては、選んでしまう材料としては大きかったです。しかし、後述したいと思いますが、DDタープのMC柄はそんなに好きじゃないかも・・・

イマイチなところ

今回、『DDタープ 3.5 x 3.5 MC』を設営してみてイマイチ(残念)だと思ったところは

  • 付属品はチープ&足りない
  • MC(マルチカム)がイマイチ
  • 安っぽい(ワイルド)

 

『DDタープ』には、

  • ガイライン×4
  • スチールペグ×4

が付属してますが、ガイラインは安っぽい(とは言え使えるけど・・・)し、スチールペグは硬い地盤ではあっという間に曲がっちゃう!!

・・・という以前に、ガイライン×4本と、スチールペグ4本では、タープポールを使って設営する場面では、明らかに物量が足りません。

NEMO『オーロラストーム2P』のリビングスペースとして設営した時には、ガイライン×6本、ペグを6本追加(&メインポールのガイラインも4本替えた)しています。

我が家も、雨降りしきる梅雨空の中、近くのWILD-1へ車を走らせ、細めの【ガイライン】と【ラインロック】を購入しました。

購入したのは

  • ATWOOD ROPE(アトウッドロープ)のタクティカルコード(2.4mm/30m)
  • Clamcleat (クラムクリート)ミニラインロック

 

 

メインポールのガイラインとタープのサイドに設置するガイラインを替えたことで、張力も増して、かなりしっかりタープが張れた感じ!!

【ガイライン】と【ラインロック】は他のタープやテントの設営時にも活躍してくれるので、結果オーライですが、『DDタープ』を購入して、そのままキャンプに・・・なんて場合には、ガイライン・ペグが足りなくて困る!!とならないように注意です。

ガイラインは、次回設営する際にもそのまま使えるように、タープのループ部分に設置したまま、収納しときました。

またスチールペグも4本しか付属してなく、硬い地盤だと案外簡単に折れ曲がっちゃう!!

設営するには、ペグの本数も足りないので、別途購入が必要になると思います。

あと、(※ちょっと)残念だと思ったのは、MC(マルチカム)のカモフラージュ柄!!

単体で間近でみると、グリーンな色味が強いカモ柄になってて、若干安っぽいかも・・・

太陽光を浴びると色飛びして、もっと優しいカラーリングに見えるので気にならないけど、もっとベージュっぽいカモ柄(オレゴニアンキャパーとかのカモ柄の方が好き!!)の方が良いかも・・・

NEMO『オーロラストーム2P』のブラウンとイエローが混在した配色ともっとマッチすると思ってただけに、ちょっと残念(?!)に思っちゃった!!

後は、全体的な作りはアバウト(雑な)感じがしなくもない!!

良く言えばワイルドな作りですが、裁縫部分から糸が垂れ下がったりしてるので、細かい人は気になる作りかもしれません。

僕に関しては、ワイルドな作りで、雑に扱ってもビクともしなそうで大好きです!!

 

まとめ 〜【DDタープ】は無骨なタープ!!『DDタープ 3.5 x 3.5 MC』は我が家の『オーロラストーム2P』にもぴったり!!〜

【DDタープ】は純真無垢な40過ぎのもうすぐアラフィフになっちゃう僕が思うには、【無骨なタープ】というのが素直な印象!!

凄く丁寧に作られたタープという感じではありませんし、裁縫部分などは結構雑さを感じる作りです。

付属品の【ガイロープ】と【スチールペグ】は、一応付属してます!!感が強いアイテムなので期待は出来ません。

・・・ですが、この無骨で乱暴に扱っても平気そうなワイルドな感じが・・・良い感じ!!

我が家もガイラインを新たに新調したおかげで、【DDタープ】の設営もかなり良い感じにできました!(※ガイライン、ペグが準備する必要がある?!)

サイズ的には、今回【3.5×3.5(3.5m×3.5m)】を選びましたが、【3×3(3m×3m)】のサイズ感でも、デュオキャンでは良かったかも?と思う所がありましたが、全体的には大満足!!

より軽量化を求める(MCでなくてよければ)ならより軽量化された『DD SuperLight Tarp』も【3×3】サイズで460gと超軽量で有るので要チェック!!(珍しくブログにコメント頂いた!!)

『DDタープ』はサイズバリエーションも豊富なので、色んなキャンパーにマッチしてくれるタープ!!

設営する際には、別途『ガイロープ』やペグを準備する必要があるかもしれませんが、我が家の『オーロラストーム2P』との設営に大活躍してくれそうです!!

 

豚ゴリラ
『DDタープ』で『オーロラストーム2P』の快適リビングが完成です!!

 

あっちゃん
全体的にコンパクトな感じで良いね?!設営も楽そう!!

 

豚ゴリラ
三男とバックパックでキャンプに行きたいんです!!軽量コンパクトな装備は良いですよ!!

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, タープ, テント
-

Copyright© HIGH CAMP , 2020 AllRights Reserved.