楽天セール

BBQ キャンプ

【実食レビュー】カンガルー肉のBBQなら太らない?!『ルーミート』はヘルシー!栄養価と味は?

投稿日:2019年6月16日 更新日:


豚ゴリラ
『カンガルー肉』は食べるだけで痩せると言われてるらしい・・・

 

あっちゃん
そうなのぉ〜?!食べて痩せるなんて!!

 

豚ゴリラ
食べて痩せるなら『カンガルー肉』食べてみたいでしょ?!

 

キャンプ・BBQで自然に囲まれて開放的な気分で楽しむ焼肉・・・

でも何処か心の片隅に・・・『太っちゃう・・・』という心の声が聞こえてきちゃう。

焼肉の定番、牛肉・豚肉を目の前にすると、食べたら太っちゃう・・・と思いながらも、なんだかノリでたらふく食べてしまう人も多いのでは?

そんな人におすすめのお肉が『カンガルー肉』!!

ヘルシーで、食べると痩せる?!と言われる『カンガルー肉』をBBQで食べてみました。その栄養価と味の感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヘルシーなBBQにカンガルー肉がおすすめ?!

カンガルーと言えば2本脚でぴょんぴょん飛び跳ねるイメージや、

過剰に鍛え上げられたマッチョな身体をイメージする人もいるかも知れません。

そんなカンガルーはオーストラリア大陸などに生息する有袋類双前歯目(ゆうたいるいそうぜんしもく)のこと!

大型の物からワラビーなどの小型のものまで、いろんな種類がいるそうな

そんなカンガルーの一部の種類は、オーストラリアの灌漑設備が整われたことによる過剰繁殖で爆発的に数が増え、害獣駆除の対象にもなってるらしい。

そんなこともあり、オーストラリアはカンガルー肉(ルーミート)の輸出にも力を入れてるそうです。

 

カンガルー肉はヘルシー!!栄養価は?!

脂肪のない赤身の肉は見た目からヘルシー!!

  • 高タンパク・低脂肪・低カロリー
  • オメガ3系脂肪酸が豊富(DHA含有率が高い)
  • ビタミンB6・B12が豊富
  • CLA(conjugated linoleic acid:共役リノール酸)が豊富!!

オーストラリアの大自然を駆け回るカンガルーは脂肪分が少なく、高タンパク・低カロリー!

野生のカンガルーは、ホルモン剤や抗生物質などを与えられて育つわけではないので安心!!

前回紹介したヘルシーで美味しい『ワニ肉:Crocodile Claw(クロコダイルの爪)』!!

 

【ワニ肉】でBBQが盛り上がる!!美味しくてインパクト大!美容・ダイエットにもおすすめ!!
マンネリなBBQにインパクト大の『ワニ肉』がおすすめなんですよぉ〜!! ワニ肉?! ビジュアルインパクトはありそうだけど...

 

高タンパク・低脂肪で低カロリー、オメガ3系脂肪酸、ビタミンB6・B12が豊富な所はカンガルー肉にも共通しています。

カンガルー肉は食べると痩せる?!と言われるのは『CLA(conjugated linoleic acid:共役リノール酸)』が豊富という所!

 

 

CLA(conjugated linoleic acid:共役リノール酸)が豊富!!食べたら痩せちゃう?!

『カンガルー肉を食べると痩せちゃう?』

と言われるのはCLA(conjugated linoleic acid:共役リノール酸)が豊富だから、

CLA(共役リノール酸)は筋肉マッチョなボディービルダーが常用するサプリメントでも人気の成分!!

 

 

脂肪の代謝に関して有用だと言われているCLA(共役リノール酸)が豊富に含まれているので、体重が気になる人や、ムキムキなボディービルダーにも注目されるお肉なんです。

 

【実食】カンガルー肉を食べてみた!!

今回、ヘルシーでダイエットにぴったりのカンガルー肉を購入したのは、ネット通販でいろんなお肉が購入出来る『ミートガイ』!!

『KANGAROO STRIPLOIN』という赤身のカンガルーのサーロインと言える部位のお肉!



脂肪が少ない赤身肉は低温調理で柔らかく!!

カンガルー肉は見るからに脂肪が少ない赤身肉!!

普通に火を通せば、固くバサバサした食感になると思います。

とは言え、カンガルーは野生で育ったジビエ肉のようなもの、火を通さないで生肉に近い形で食するのは食中毒などのリスクを伴うのでおすすめ出来ない!!

カンガルー肉の赤身の肉質は、鹿肉にも似た印象!

 

【ジビエ料理】鹿肉料理を食べる!!刺身は危険?!調理法と注意点!低温調理で安心で美味しく食べれる!!
最近巷で流行ってる『ジビエ料理』って美味しいの? 何言ってるんですかぁ〜?! 大自然の中で育ったワイルドなお肉が不味い...

 

赤身の肉を火が入りすぎないように柔らかく調理出来る【低温調理】で、カンガルー肉を調理することにしました。

上記のお肉は冷蔵庫で丸一日ゆっくりと解凍したところ

解凍されたお肉は、鹿肉なんかよりも、かなり臭いが強い印象!(ラム肉っぽい感じ)

解凍した後のお肉は血が溶け出していたので、塩水を作って肉を洗います。

洗っている間に一つの肉片が、肉の切れ目から3つに割れちゃいました。

ジップロック的な(IKEAのフードキーパーでやった)袋に、カンガルー肉を投入し、

味付けはシンプルにクレイジーソルトを投入!!(量は適当)

低温調理はいつものように炊飯器の保温機能を使って行いました。

  • 75℃で1分以上加熱すればO-157などの菌は死滅し、寄生虫も死に絶える。
  • E型肝炎ウイルスは63度以上の温度で30分以上加熱すれば死活する

と言うこと、ミートガイの『カンガルー肉』は−18℃で冷凍されて送られてくるので、寄生虫などは死滅していると思いますが、菌やウイルスは加熱しないとダメ!

今回も、63℃で1時間を目安に炊飯器で保温してみましたが、温度がイマイチ安定せず、55℃〜75℃の間を行ったり来たり・・・ちょっと熱が通り過ぎた感じに

低温調理後、冷蔵庫で半日保管(※熱が入りすぎて肉汁が結構出ちゃってる)

表面だけ香ばしく焼き目をつけようと、BBQグリルに乗せて焼いてみました。

軽めに焼き色が付くくらいで完成!!

ちょっと肉に熱が入りすぎてる感じだけど、ビジュアルは美味しそう!!

食べた味の感想は

『KANGAROO STRIPLOIN』というカンガルーのサーロインと言える部位のお肉を食べた感想は

  • 臭いが強い!!野性味溢れる感じ!!
  • 低温調理のおかげか、肉は柔らかい
  • 美味しくはない・・・

今回は、味付けをクレージーソルトオンリーで、素材の味を大切に(※調理をしらないだけ?)した為、以上の感想でした。

やはりカンガルー肉は臭いが強いのが印象的!!

赤身のお肉は火を通しすぎると固くなる為、低温調理したのは正解だったと思います。

でもやっぱり、美味しいか、美味しくないかと聞かれたら『美味しくはない』・・・

調理次第では美味しく!!残ったお肉は、バルサミコ酢とニンニクと醤油に漬け込んで、焼き直して食べました。

これはメッチャ美味かった!!でも肉の味というより、バルサミコソースが美味いだけかも・・・

まとめ 〜カンガルー肉はヘルシーで痩せちゃう?!でも味はイマイチ?!

カンガルー肉は、高タンパク・低脂肪・低カロリーでヘルシー!!

CLA(共役リノール酸)も豊富で、ダイエットも期待出来ちゃうお肉です。

今回、僕が食べてみての感想は、臭いが強くて美味しくない・・・という印象。(※低温調理で熱が入りすぎたのもあるし、味付けもクレージーソルトオンリー)

残ったお肉をバルサミコ酢と、ニンニク、醤油に漬け込んで焼いたのは美味しかったですが、肉自体が美味しいかは微妙。

料理の上手な人なら、もっと素材を活かした美味しい調理が出来るかもしれませんが、シンプルに焼いて食べるだけだと美味しくない・・・

とは言え、体重が気になる人や、バキバキに腹筋を割りたいアスリートな方にはおすすめのお肉です。

アウトドアでのBBQにカンガルー肉なんてどうですか?!

⇒『ミートガイ』で色んなヘルシー肉を見てみる?!

 

あっちゃん
体重が気になる人には嬉しいお肉だね?!

 

豚ゴリラ
脂肪を落として腹筋をバキバキに割りたい人におすすめですね〜!!

 

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-BBQ, キャンプ

Copyright© HIGH CAMP , 2019 AllRights Reserved.