楽天セール

キャンプ タープ テント

小川キャンパル2018年新作 Trianglo(トリアングロ)!!タープへ吊り下げ式のテントはワイルドな小川が垣間見せる優しさを感じるテントだ!!

投稿日:2017年9月25日 更新日:


小川直也vs橋本真也

出典:Amazon

 

豚ゴリラ
あっちゃんは、『橋本真也vs小川直也』戦を振り返って感じるところはあるんですか?

 

あっちゃん
えぇっ!! 何それ?!『橋本真也vs小川直也』戦って何?! 1997年の話だよそれ!! 今更何を振り返るつもり?

 

豚ゴリラ
だめだなぁ~!! あっちゃんはそんなだから、太っちゃうんですよ!! 今だから『橋本真也vs小川直也』戦を振り返ってみるのが重要なんじゃないですかぁ~!! そんなんじゃ『橋本真也』みたいな身体になっちゃいますよぉ~!!

 

あっちゃん
豚ゴリラくん!! なんかすごくトゲがある言い方だね!! 『橋本真也』の身体は太ってるだけじゃないんだよ!! 格闘家としてあの体型を維持してるんだから!!

 

1997年の『橋本真也vs小川直也』の因縁の戦い・・・

柔道オリンピックで金メダルをひっさげ、日本のプロレス界に新星として現れた『小川直也』

柔道時代の太めの身体つきから、しっかりと絞り込まれた身体を作り上げ新日本プロレスのリングへとあらわれました。

小川直也のデビュー戦の相手となったのが、当時IWGPヘビー級王者であった橋本真也。

必殺技STO(スペース・トルネード・オガワ)で見事に勝利し、華々しいデビューを飾りますが、

小川が属するアントニオ猪木・佐山聡(初代タイガーマスク)が設立した『UFC』と全日本プロレスとの確執もあり、

1999年1月4日に行われた『橋本真也vs小川直也』の第3戦は『1・4事変』としていまでもプロレスファンから語り継がれる事件が起こります。

試合はノーコンテスト(無効試合)となりましたが、

そのとき当時は引退していた全日本プロレスの『長州力』がリング場に駆け登り小川にはなったのが、

『これがお前のやり方か?』

このひと言が、後にお笑いコンビ『オカリナ』の

『これがお前達のやり方かぁ~!!』

になったかどうかはしりません・・・・

 

話が大きくそれましたが、当時の『小川直也』はかなりのヒール(悪役)だした。

『ヒールでワイルドな小川がそっと雨に濡れた仔猫を拾い上げ、優しさを垣間見せる・・・』そんなイメージが浮んでくるテントが登場したんです。

それが、『小川キャンパルの2018年新作!!Triangle(トリアングロ)』なんです!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小川キャンパル2018年新作!! Trianglo(トリアングロ)

Trianglo(トリアングロ)

出典:LANTERN

 

小川キャンパルの2018年新作テントの中に大注目のテントが!!

それは、大きなレクタタープの中にインナーテントが設置された『Trianglo(トリアングロ)』

ひと目見ただけで、焚火が似合いそうなワイルドさを感じるテントです!!

 

『Trianglo(トリアングロ)』のスペック

小川キャンパル『Trianglo(トリアングロ)』
フライサイズ 585×410×230cm
インナーサイズ 220×300×205cm
収納サイズ 80×40×30cm
収容人数 5人用
重量 (約)12.9kg
素材 フライ素材:ポリエステル210d、インナー素材:T/C、ポリエステル68d、グランドシート:ポリエステル210d

フライシートはかなり大きなレクタングル(長方形)のタープになっています。

フライシート単体での使用も出来るので、デイキャンプではタープとして使用することも出来ます。

タープに吊り下げ式のインナーテントを設置するという『ワイルドなビジュアル』と『設営のし易そうな幕体』がすごく気になります。

 

『NEMO(ニーモ) ダークティンバー 4P』と同じくタープに吊り下げ式インナーテント!!

517TpiV-MsL._SL1000_

 

アメリカ生まれのブランド『NEMO Equipment (ニーモ イクイップメント)』は登山やトレッキングにぴったりのテントなどを作っています。

そんなNEMO(ニーモ)にもタープにインナーテントを吊り下げる『ダークティンバー 4P』というテントがあります。

 

NEMO(ニーモ)のダークティンバー4Pが気になる!!NORDISK(ノルディスク) ユドゥンと比較してみた!
出典:livedoor 最近、NEMO(ニーモ)を良く見かけることが多くなってきたよね? 何をいってるんですかぁ~!! 映画...

 

そんな『ダークティンバー 4P』と小川キャンパル『Trianglo(トリアングロ)』の違いを見てみると、

 

  1. 『Trianglo(トリアングロ)』はリビングスペース広々!!
  2. 『ダークティンバー 4P』はかなり軽量、『Trianglo(トリアングロ)』はインナーにT/C素材使用で重め!!

 

1.『Trianglo(トリアングロ)』はリビングスペース広々!!

『ダークティンバー 4P』はリビングスペースを確保しようとすると、別にタープを設置しなければなりませんが、

小川キャンパル『Trianglo(トリアングロ)』は、フライシートがかなり大きく、インナーテント前に広くリビングスペースを確保できています。

 

2.『ダークティンバー 4P』はかなり軽量、『Trianglo(トリアングロ)』はインナーにT/C素材使用で重め!!

NEMO  ダークティンバー 4P 小川キャンパル トリアングロ
素材 本体素材:40D ナイロン/68D PUポリエステル、フライ素材:68D PUポリエステル、フロア素材:150D PUポリエステルリップストップ フライ素材:ポリエステル210d、インナー素材:T/C、ポリエステル68d、グランドシート:ポリエステル210d
重量 (約)6.7kg (約)12.9kg

重量はNEMO(ニーモ)の『ダークティンバー 4P』が(約)6.7kg、小川キャンパル『Trianglo(トリアングロ)』は(約)12.9kgで、『ダークティンバー 4P』の重量は約半分!!

幕体のサイズが違うので、単純な重量比較でどちらが良いというわけではありませんが、『ダークティンバー 4P』はかなり扱い易そう。

小川キャンパル『Trianglo(トリアングロ)』はインナー素材にT/C(ポリエステル、コットン混紡)の使っているので重量的には重くなっているようです。

T/C素材を使うことで、テント内の肌触りもよく通気性もよく結露も抑えてくれて居住性が高そうです。

 

あっちゃん
『Trianglo(トリアングロ)』はT/C素材で居住性がかなり高そうだねぇ~!!

 

豚ゴリラ
ですよねぇ~!! ワイルドな中に垣間見える小川さんの優しさ!!みたいな感じですよねぇ~!! 小川直也があの大きな巨体で、道端に捨てられた仔猫をひろってるヴィジョンが頭に浮びますぅ~!!

 

 

小川キャンパル 野外教育用テント FA型キャンプテントの一般ユーザー向け?!

FA型 キャンプテント

小川キャンパルの野外教育用テントの中にある『FA型キャンプテント』と小川キャンパル『Trianglo(トリアングロ)』は似ています。

FA型とは、F(フライシート)がセットになった『A型』テント!!(※A型は、本体奥にザックコーナーが設置された形状らしい)

小川キャンパル『FA型キャンプテント』
フライサイズ 不明
インナーサイズ 182×273×182cm
収納サイズ 63×38×20cm
収容人数 6人用
重量 (約)11.7kg
素材 フライ素材:ポリエステル250d、インナー素材:[前・後・側面]ポリエステル250d、[屋根]ナイロン70d、グランドシート:PVC

 

『FA型キャンプテント』のインナーサイズは『Trianglo(トリアングロ)』より若干小さいが、収容人数は6人(※トリアングロは推奨人数5人まで)

『Trianglo(トリアングロ)』はインナーテント内をかなりゆったり使えそうです。

 

豚ゴリラ
前から思ってたんですけど、小川キャンパルの『野外教育用テント』って可愛いのがたくさんあるんだよね!! でもキャンプ場で見かけたことないですよねぇ~!! 『FA型』以外にも『A型』テントもかなり可愛いですよね!!

 

あっちゃん
確かに『野外教育用テント』ってレトロな感じで可愛いね!

 

まとめ ~小川キャンパル『Trianglo(トリアングロ)』はワイルドルックで魅力的!!~

小川キャンパルのワイルドルックなテントといえば、僕の中ではツインピルツが思い浮かびます。

小川キャンパルから2018年の新作は『Trianglo(トリアングロ)』の他にもたくさん!!

でも2018年の新作『Trianglo(トリアングロ)』が発売されれば、ワイルドルックなテントの代表作が『Trianglo(トリアングロ)』に塗りかわるかも・・・

2018年のキャンプシーンには『ヒールでワイルドな小川がそっと雨に濡れた仔猫を拾い上げ、優しさを垣間見せる・・・』そんなイメージが浮んでくる小川キャンパルの新作『Trianglo(トリアングロ)』が大注目です。

 

あっちゃん
小川キャンパルのテントは作りも堅実で、多くのキャンパーに人気だからね!!2018年も大注目だよね!

 

豚ゴリラ
2018年新作テントでも『Trianglo(トリアングロ)』がバツグンに注目ですよぉ~!! ワイルドな小川の中にはこだわりの優しさがたくさん詰まってますもんね!!

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, タープ, テント

Copyright© HIGH CAMP , 2018 AllRights Reserved.