キャンプ テント

ロゴス(LOGOS) グランベーシック トンネルドームの価格を大胆予測!!DODカマボコ・コールマン バーガンディと徹底比較!!

投稿日:2016年12月2日 更新日:


logos-gramorous

 

あっちゃん
トンネル型2ルームテントは、半端なく使いがってがいいんだよ!!

 

豚ゴリラ
そうですね!!前室があるのはとても魅力的ですよね!!

 

あっちゃん
そんな!!トンネル型2ルーム旋風に、来年春、新たな旋風を巻き起こす新作がLOGOSからリリースされるんだよね~!!

 

豚ゴリラ
あっちゃん!!それ知ってますよ!!

 

トンネル型2ルームテント!ロゴス(LOGOS)2017新作予定グランベーシック トンネルドームが気になる・・・
なんだかんだ言っても2016年今年のテント人気第一位はトンネル型2ルームテントだったよね!! まぁ~そうですねぇ~・...

 

トンネル型2ルームテントはファミキャンとしてはとても使い勝手のよいテントだと思います。

そんなトンネル型2ルームテントの大注目!!

2017年新作にてリリース予定のロゴス(LOGOS) グランベーシック トンネルドームXL-AG!!

トンネル型2ルームテントの購入を検討している方は来年春まで待ってみてはいかがでしょうか?

 

ロゴス(LOGOS) グランベーシック トンネルドームXL-AG!!その販売予想価格は?

logos-gramorous-image

今回、来期春リリース予定のロゴス(LOGOS)のグランベーシック トンネルドームのライバルとなると思われる

今期購入不可能と思われる大人気のドッペルギャンガーのカマボコテント

Coleman(コールマン) テント トンネル2ルームハウス( バーガンディ)

との比較しながら来年春リリース予定?のロゴス(LOGOS)のグランベーシック トンネルドームの販売価格予想をしていきたいと思います

DODカマボ・Colemanバーガンディ・LOGOSグランベーシック トンネルドームを徹底比較!!

サイズ比較

2room-tent-size-1

テントサイズは居住性に比例します。

家族が多いファミキャンでは小さなテントは狭さを感じてしまいます。

2ルームテントは前室が設置されているのでリビングスペースとして家族でくつろぐ事が出来ますね!

DOD カマボコ Coleman バーガンディ  LOGOS トンネルドーム
サイズ 奥行660×幅330×高さ200cm 奥行640×幅300×高さ195cm 奥行515×幅290×高さ203cm
インナーテント 奥行235×幅300×高さ185cm 奥行220×幅280×高さ190cm 奥行270×幅270×高さ190cm

サイズはLOGOS グランベーシック トンネルドームが他のDOD カマボコ、Coleman バーガンディに比べ一回り小さく、その割りには、インナーテントのサイズは広めに取られているようです。

 

DOD カマボコは・・・

 

dod-living

出典:DOD

のように広々リビングスペースなイメージです。合コン使用?と思える程ですが、

LOGOS グランベーシック トンネルドームはそれに比べるとリビングスペースが大きい!!という感じではありません。

しかしファミリーで限られた人数ではベストサイズと言えるかもしれませんね!!

あっちゃん
カマボコテントは合コンテントなのか?いや!!きっと合コンテントだ!!

 

豚ゴリラ
いやいや・・・そんな興奮しないで・・・、全然卑猥なニュアンスないですから・・・・

 

グランベーシック BIGオクタゴン-AG

logos-gramorous-tarp

 

グランーシック BIGオクタゴン-AGはオクタゴン(8角形)のタープで、ロゴス(LOGOS)のグランベーシック トンネルドームと同時期に発売される?と思われるタープになります。

より広いリビングスペースを確保する場合にタープを利用してリビングスペースからひと続きの居住スペースを確保する事をイメージしているのだと思います。

そういう意味ではフレキシブル(柔軟)にスペースの広さを変えられる仕様になっている(のかなぁ~?)と思います。

豚ゴリラ
オクタゴンタープの使いようでリビングスペースを広げられるのは便利ですねぇ~!!

 

収納サイズ

2room-tent-size-2

DOD カマボコ Coleman バーガンディ  LOGOS トンネルドーム
収納サイズ 直径31×72cm 直径29×67cm 直径33×72cm

収納サイズはLOGOS グランベーシック トンネルドームは少し大きめ?!

ファミキャンで車で移動なら誤差の範囲です!!

あっちゃん
このくらいのサイズ感の違いは車で移動であれば、それほど影響ないよね!!

 

重量

weight

DOD カマボコ Coleman バーガンディ  LOGOS トンネルドーム
サイズ 16kg 13.7kg 約14.7kg

DOD カマボコテントが若干重くなっています。

ベンチプレスで150kgが軽く挙がるようであれば、誤差の範囲です。

※昔、日体大の日本代表のラグビー選手に150kgベンチプレスで挙がらなければ、漢(おとこ)ではないと言われた事があります・・・ちなみに僕は漢(おとこ)ではないですよ・・・

豚ゴリラ
ベンチプレス150kgはある意味分岐点であるかも知れません・・・あれっ、僕だけ?

 

耐水圧(アウターテント)

 

DOD カマボコ Coleman バーガンディ  LOGOS トンネルドーム
耐水圧 2,000mm 2000mm 2000mm

アウターテントの生地のスペックは、ほぼ同じだと思われます。

LOGOS グランベーシック トンネルドームは公式な発表数値ではないですが、ほぼ同じだと思われます。

販売価格

DOD カマボコ Coleman バーガンディ
耐水圧 メーカー希望小売価格6万6000円+税ですが、ナチュラム売価として3,7800円+税 64,584円(税込)

 

ドッペルギャンガーのカマボコテントもコールマン バーガンディとも小売価格としては6万5000円あたりの値段設定。

ドッペルギャンガーの魅力のひとつであるコスパの良さとして実際売価としては4万円弱となってるのは魅力的です。

しかしドッペルギャンガーのカマボコテントは今期の購入は難しそうな状況です。

そこで、2017年春リリース予定のLOGOS グランベーシック トンネルドームの販売価格を予想すると・・・

 

ロゴス(LOGOS) グランベーシック トンネルドームXL-AGの販売価格は3万円後半~4万円以下と大胆予測!!

独断と偏見で勝手に予測してみるとロゴス(LOGOS)のグランベーシック トンネルドームXL-AGの販売予想価格は

3万円後半~4万円以下

くらいの値段設定となるとなると思われます。

「いやいや!!それは安いだろ!!」

そんなツッコミが繰り広げられるかもしれませんが、ロゴスは【グランベーシック トンネルドームXL-AG】と【グランベーシック BIGオクタゴン-AG】がワンセットなイメージでの販売を考えているのではないでしょうか?

2つ合計価格が、6万5000円の近辺に設定されていれば、テント単体の販売価格は3万円後半~4万円の価格帯はリアルな数字だと思います。

あっちゃん
なかなか良いラインだと思うけど・・・解らん・・・

 

豚ゴリラ
3万後半~4万円ってリアルな予想だと思うんだけどなぁ~?

 

まとめ

ドッペルギャンガーのカマボコテントが人気で今期購入が難しい中、来年リリース予定のロゴス(LOGOS)のグランベーシック トンネルドームは注目の商品になる事、間違いナシ!!

あっちゃん
値段設定は購入時の最後のポイントになるもんね!!

 

豚ゴリラ
そうなんですよ! 来年答え合わせしないとですね!!

 

各社とも2017年新規リリースの新作にはますます目が話せませんね!!

アイキャッチ画像 出典:LANTERN

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-キャンプ, テント

Copyright© HIGH CAMP , 2018 AllRights Reserved.