楽天セール

キャンプ タープ テント

【2019年新作】ヘリノックス『タクティカルサプライ』のテント・タープがついに登場!ミリタリーなコヨーテカラーがカッコいい!!

投稿日:2019年2月20日 更新日:


あっちゃん
ヘリノックスの『タクティカルサプライ』にテント・タープが登場!!

 

豚ゴリラ
DAC社製の軽量なチェアやテーブル、コットに続いて、ついに2019年4月待望のテントとタープが!!

 

あっちゃん
コヨーテカラーの幕体は大注目だよね!!

 

アウトドア用の軽量で、コンパクトに収納出来るチェアやテーブル、コットなどを展開している『Helinox(ヘリノックス)』!!

そんなヘリノックスから2019年4月、待望の新型テントとタープが登場!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヘリノックス 『タクティカルサプライ』に待望のテントとタープ!!

Helinox(ヘリノックス)は軽量アルミテントポールのトップメーカーのDAC社が手がけるブランド!!軽量で高強度、携帯性も兼ね備えたアイテムは多くのキャンパー達に愛されています。

その中でも『タクティカルサプライ』は、ミリタリーなカラーと機能を持ったシリーズ!!

そんなスタイリッシュで機能的な『タクティカルサプライ』から待望のテントとタープが登場!!

『コヨーテ』カラーのミリタリー感がカッコいい!!

『タクティカルサプライ』から登場のテント・タープは、ミリタリーな雰囲気漂う『コヨーテ』カラー!!

ベージュや、タンカラーよりは黄色味が強いカラーで、重厚感があり存在感バツグンです。

 

Tac.フィールド4.0 / コヨーテ

出典:Helinox

『Tac.フィールド4.0』は特徴的なY型ポールを2本仕様した、2人用テント。

テント上部は雨が流れるように、横から見ると上辺が傾いた台形のような独特な形状。

出典:Helinox

フロントを跳ね上げて使用することや、ロールアップすることが出来るので、開放感もバツグン!!

フロントパベル部分は、遮光性の非常に高いコーティングが内側に施されており、強い日差しを遮ると共に、テント内の温度の上昇を抑えます。

出典:Helinox

フライシートの一部には『Black Pigment PU Coating』という遮光性を高めるコーティングが行われ、日差しが強い夏のキャンプでも快適に過ごせそう!

『Tac.フィールド4.0 / コヨーテ』スペック

 

出典:Helinox

サイズ W400×D225×H175cm
収納サイズ W70×D20×H17cm
重量 4,100g (総重量)/3,550g (最小重量)
収容人数 2人
材質 メインパネル:75Dリップストップポリエステル185T(ブラックPUコーティング/耐水圧:1500mm)
75Dリップストップポリエステル210T(PUコーティング/耐水圧:1500mm)
ポール/DAC DA17 18.55mm/16mmポール
付属品 ポール×2本、ペグ(J-StakeM×10本)、自在付きガイライン(2m×4本)、スタッフバッグ、ポールバッグ、ペグバッグ
価格 ¥70,000(本体価格)

2人用なので、デュオキャンにも良いですが、ソロキャンならゆったり使えそう!!

ビジュアル的にも軍用のパップテントを思わせるテントで、ワイルドなキャンパーにも人気がでそう。

 

豚ゴリラ
ソロならゆったり出来そうで良いですね!!

 

あっちゃん
パップテントみたいでカッコいい!!

 

 

Tac.フィールド6.0 / コヨーテ

出典:Helinox

十字型のクロスポールを使用することで、独特な形状に設営することが出来る『Tac.フィールド6.0』

4人用テントとなっていますが、高さ2.5mで、十字型クロスポールで作られた側面が垂直に近い角度で立ち上がる形状により、テント内部はかなり広々!!

『Tac.フィールド6.0 / コヨーテ』スペック

出典:Helinox

サイズ W450×D600×H250cm
収納サイズ W72×D30×H27cm
重量 8,700g (総重量)/7,230g (最小重量)
収容人数 4人
材質 75Dリップストップポリエステル185T(ブラックPUコーティング/耐水圧:1500mm)
75Dリップストップポリエステル210T(PUコーティング/耐水圧:1500mm)
ポール/DAC DA17 25mm/18.55mmポール
付属品 ポール×2本、ペグ(J-Stake30×8本、J-StakeM×4本)、自在付きガイライン(2.5m×4本、3.5m×2本)、スタッフバッグ、ポールバッグ、ペグバッグ
価格 ¥128,000(本体価格)

『Tac.フィールド4.0』と基本性能は同じですが、4人までならかなり広々とした大型テントはファミキャンでも活躍してくれそう!

フロントとバックに2つずつ入口があるので出入りも楽ちん

出入口それぞれをロールアップしてとめる事ができるので、開放感もバツグンです。

フライシートの一部には『Tac.フィールド4.0』と同様に、『Black Pigment PU Coating』という遮光性を高めるコーティングがされていて、夏でも快適に過ごせます。

 

豚ゴリラ
家族で使えるサイズ感は、ファミキャンユーザー注目!!

 

あっちゃん
遮光性も高くて、夏でも快適に過ごせそうだね?!

 

 

Tac.アタックソロ / コヨーテ

出典:Helinox

『Tac.アタックソロ / コヨーテ』は設置や移動、保管が簡単なソロ用のシングルウォールテント。

テント上部にクロスされたポールによりベンチレーターの開口部を広く確保し、通気を促してるようです。

『Tac.アタックソロ / コヨーテ』スペック

出典:Helinox

サイズ W60×D245×H90cm
収納サイズ φ16×70cm
重量 1,490g (総重量)
収容人数 1人
材質 フライ:20Dリップストップナイロン3レイヤー/耐水圧:5000mm
フロア:40Dリップストップナイロンフィルム加工/耐水圧:10000mm
ポール/DAC Featherlite NSL 8.5mmポール
付属品 ポール×2本、ペグ(J-StakeS×8本)、自在付きガイライン(1.5m×1本)、スタッフバッグ、ポールバッグ、ペグバッグ
価格 ¥68,000(本体価格)

重量は1.5kgを切る軽量なテント!!

ですが、構造的にしっかりとペグダウンしないと自立しない作りがちょっと残念。

前室もないので、雨の日にはちょっと大変そう・・・

 

豚ゴリラ
前室がないのがちょっと残念!!

 

あっちゃん
山岳用ならもっと軽量でも良いかもね・・・

 

 

Tac.アタック1.5p / コヨーテ

出典:Helinox

『Tac.アタック1.5p / コヨーテ』はサイズが1.5人用と、ちょっとゆったりなシングルウォールのソロ用テント

『Tac.アタック1.5p / コヨーテ』スペック

出典:Helinox

サイズ W123×D280×H98cm
収納サイズ φ16×50cm
重量 2,210g (総重量)
収容人数 1.5人
材質 フライ:20Dリップストップナイロン3レイヤー/耐水圧:5000mm
フロア:40Dリップストップナイロンフィルム加工/耐水圧:10000mm
ポール/DAC Featherlite NSL 9mm/9.6mm ポール
付属品 ポール×2本、ペグ(J-StakeS×12本)、自在付きガイライン(1.5m×1本)、スタッフバッグ、ポールバッグ、ペグバッグ
価格 ¥85,000(本体価格)

テント上部のベンチレーターは開口部も広く通気性も高そう!

『Tac.アタックソロ 』と比べても、前室が確保されていて、重量は2.2kgと若干重くなりますが、ポールの構造も、前室部分以外は自立してくれるので、設営も綺麗にできそうです。

自転車・バイクツーリングでキャンプを張るのにちょうど良さそうなテントです。

 

あっちゃん
ツーリング用のテントに良さそう!!

 

豚ゴリラ
ソロでちょっと余裕があるサイズ感が良いですね!

 

 

Tac.レクタ3.5 / コヨーテ

出典:Helinox

高い遮光性とUVプロテクションが特徴のレクタタープ!!

遮光性を高めるコーティング『Black Pigment PU Coating』がされていて、日差しをしっかり遮ります。

『Tac.レクタ3.5 / コヨーテ』スペック

出典:Helinox

サイズ 350×290cm
収納サイズ φ11×40cm
重量 1,210g (総重量)
材質 メインパネル:75Dリップストップポリエステル185T(ブラックPUコーティング/耐水圧:1500mm)
ポール/DAC DA17 19.5mm/21.3mmポール
付属品 付属品/タープポール 2100ADJ×2本、ペグ(J-StakeM×10本)、自在付きガイライン(7m×2本、3m×6本)、スタッフバッグ、ポールバッグ、ペグバッグ
価格 ¥39,000(本体価格)

サイズ的に1〜2名で使えばゆったり使えそうなサイズ感

10個のループがタープの縁に配置され、いろんな形での設営が可能!

 

あっちゃん
遮光性が高いタープは夏キャンには大活躍だね?

 

豚ゴリラ
近年、酷暑が多いですからね、遮光性が高いのは嬉しいかも・・・

 

 

まとめ 〜2019年新作ヘリノックス のテント、タープで目立っちゃう

ヘリノックス 『タクティカルサプライ』のテント・タープは、ミリタリーなコヨーテカラーがカッコいい!!

注目なのはやっぱり『Tac.フィールド4.0』と『Tac.フィールド6.0』!!

シェルター型のテントで、『タクティカルサプライ』のミリタリーなイメージにもぴったりで、ソロキャンなら『Tac.フィールド4.0』、ファミキャンなら『Tac.フィールド6.0』と、どちらの層にも人気がでそうなテントです。

テントの発売は、2019年4月に発売予定(※3月入荷の情報もちらほら)のようですが、タープは9月より発売の予定とのこと。

ヘリノックスのテントとタープは、注目を集めること間違いなし!

昭島アウトドアヴィレッジで展示されていた『Tac. V-tarp』などもまだ発表されていませんし、今後も目が離せませんね?!

 

あっちゃん
ヘリノックスのテント気になるよね?!

 

豚ゴリラ
おしゃれキャンパーさん達注目のアイテムです!

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, タープ, テント
-

Copyright© HIGH CAMP , 2019 AllRights Reserved.