楽天セール

ガジェット キャンプ

【開封レビュー】最新モデル「GoPro HERO7 Black」!開封から初期設定!スマホアプリ導入まで!!

投稿日:2018年10月2日 更新日:


あっちゃん
新しい『Gopro』買ったんでしょ?!

 

豚ゴリラ
買いましたよぉ~!!驚異的な滑らかさを実現した『GoPro HERO7 Black』ですよ!! ママには内緒で買っちゃいました!!

 

あっちゃん
ママに内緒はマズイでしょ?!

 

豚ゴリラ
いやぁ~!! ママに知られたらもっとマズイですよぉ~!!

 

HERO6から約1年の期間をえて発売された待望のアクションカメラ『GoPro HERO7』!!

”キャンプやフェスなどの動画を撮ってみたい!!"と思った僕は、『GoPro HERO7』のなかでもGoproのフラッグシップモデルであり、今回発売された『Black・Silver・White』の中で一番ハイエンドなモデル『GoPro HERO7 Black』を購入!!

今回は『GoPro HERO7 Black』の開封から初期設定、スマホアプリの導入までの【開封レビュー】をしていきます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

GoPro HERO7 Black


『GoPro HERO7 Black』が発売されたのが2018年9月27日!!

手ブレ補正機能『HyperSmooth』が搭載され、よりスムースな画像を撮れるようになった『GoPro HERO7 Black』

発売日に電気屋さんに駆け込んで勢いだけで購入!!

キャンプ・アウトドアでの動画撮影にもきっと大活躍してくれるはず・・・

『GoPro HERO7』には

GoPro HERO7種類

  • Black(フラッグシップ)
  • Silver(ミドルシップ)
  • White(ローエンド)

の3種類が発売されています。

今回僕が購入した『GoPro HERO7 Black』は、『GoPro HERO7』の中でも最上位モデル!!

最新機能が詰め込まれ『GoPro』のフラッグシップといえる『HERO7 Black』は前作『HERO6 Black』をアップデートしたモデルといえます。

その他の『Silver』と『White』は機能を削った廉価版といえるモデルで、

  • 『Silver』は『HERO5 Black』の進化版
  • 『White』は『HERO2018』の進化版

といえるモデルとなっています。しかし10m防水や、縦撮りなどには対応しているので、動画などは撮らない!!と言う場合には十分かも・・・

 

『GoPro HERO7 Black』が欲しい!!驚異的な滑らかさ!キャンプの動画撮影にも大活躍!!
キャンプで動画撮りたいですよね?! 何々?!youtuberにでもなりたいの?! キャンプの動画や、旅行の動画が撮れた...

 

まず僕が購入した『GoPro HERO7 Black』の特徴を紹介していきます。

 

 

GoPro HERO7 Blackの特徴!!

機能面で、前作の『GoPro HERO6 Black』から大きくアップデート『GoPro HERO7 Black』の特徴は

『GoPro HERO7 Black』の特徴

  • 手ブレ補正力が高まったHyperSmooth(ハイパースムース)■Blackのみ
  • タイムラプス&手ブレ補正をあわせたTimeWarp(タイムワープ)ビデオ■Blackのみ
  • Facebookライブストリーミング■Blackのみ
  • スーパーフォト■Blackのみ
  • 4Kの高画質
  • 10m防水
  • 縦撮り対応

『GoPro HERO7 Black』は性能重視のハイスペックモデル!!

値段も高いですが、手ブレ補正が強化された『Hypersmooth(ハイパースムース)』や、4Kの高画質に加え『スーパーフォト』で静止画がより高画質に撮れるなど、『HERO7 Black』のみに搭載された新機能は魅力的!!

ほかにも手ブレ機能が強化されたことで、動きながら滑らかなタイムラプスを撮影できる『TimeWarp(タイムワープ)ビデオ』や、『Facebookライブストリーミング』で高画質な映像をリアルタイムで配信できるなど色んな場面で活躍してくれそうなカメラになっています。

GoPro HERO7 Black 開封レビュー

早速、『GoPro HERO7 Black』を開封していきます。

パッケージのデザインは、『HERO6 Black』とほぼ同じようなデザインで、裏表はこんな感じ!

パッケージ開封

パッケージの底面にあるミシン目に沿って開封していきます。

底面から中にある本体と白い箱(付属品などが入っている)を引き抜きます。

GoProの本体は、白い箱に接着された土台部分に固定されていて、白い箱のなかには付属品などが封入されています。

パッケージの裏表はHERO6からあまり変化はなく、共通性を持たせたデザイン!!こんな感じ。

白い箱部分を開けると、中には付属品が入っています。

付属品一覧

  • バッテリーパック×1
  • USBケーブル
  • 付け替えマウント×2
  • 取扱説明書
  • 図解の説明書
  • GoProステッカー

 

マウント取り外し

白い箱に接着されたマウントに本体が取り付けられているので、取り外していきます。

白い箱に記載された取り外し図解の通りに外していきます。

土台との接続部分がこんな感じ

土台とジョイントされてるゴムの部分を外し、

左右の土台と接続されている爪部分を摘まんで、上記の写真でいう所の奥に向かって押し込みます。

 

白い箱部分と本体部分が分離できたら、バッテリー、メモリーカードを本体に取り付けるために、フレーム部分から本体を取り出します。

付属品に入ってる『図解の説明書』の記載に沿って作業!!

本体が入っているフレーム上部にある固定部の『△マーク』を持ち上げてフレームを外します。

密着させるような構造なので、かなり力を入れて持ち上げないと外れません。初めてだと『壊れちゃうんじゃない?!』って思うくらい力を入れないの外れない!!

四苦八苦しながらフレームと本体が取り外し完了!!

バッテリー、メモリーカード設置

本体底部にある蓋(?)を四角いボタンを押しながら横にスライドさせることで開けます。

メモリーカード(※メモリーカードは別売り!!)を挿入し、『カチッ』という手ごたえがするまで押下げ

付属のバッテーリーパックを『カチッ』と手ごたえするまで押し込んで完了!

『GoPro HERO7 Black』の初期設定

本体の液晶画面を正面にして右側にある『電源ボタン』を押すと、『GoPro』の設定が始まります。

まずは『言語設定』!

僕の人生は、鳥取県の港町で育ち、高校を卒業して、東京シティを目指し上京しましたが、日本語圏から離れたことはありません・・・

画面をスワイプして、迷わず『日本語』を選びます。

『Gopro』利用規定の同意

その後には法的規定として『Gopro』の利用規定とプライバシーに関する設問があり、同意を求められます。

”この同意は断るという選択支は準備されているんだろうか?”などの難しいことは考えず、心を無にして『同意する』を押します。

GPS設定

『GoPro HERO7 Black』には、GPS機能が搭載されていて、動画や画像に撮影した場所を記録することができます。

設定画面で位置情報取得の可否を選択することができます。

僕は何も考えることなく『オン』を選択しました。

GoProとスマホの連携

『Gopro』の設定において、必然的にスマホにアプリの導入が組み込まれていることに、若干の怒りを感じつつも、『長いものには巻かれろ!!』的な感覚で、スマホアプリの導入に続きます。

GoRroアプリのダウンロード

 

GoPro (formerly Capture)

GoPro (formerly Capture)

GoPro, Inc.無料posted withアプリーチ

 

『Gopro』の公式アプリをスマホに導入!!

Apple StoreやGoogle Playストアから『GoPro9のアプリをインストールします。

 

 

『GoProアプリ』をインストールすると、自分の『GoPro HERO7 Black』との接続設定が始まります。

スマホと『GoPro』を接続するために、スマホの設定へ

スマホの設定(僕はIphone6s)を開きます。

『Wi-fi』を選んで

『Wi-Fi』の一覧から『GoPro』のカメラ名に当たる文字列を探して選びます。

 

『パスワード』を投入すれば、接続が完了!!

スマホアプリ『Quik』をダウンロード

続いてGoproで撮った動画を簡単におしゃれ動画に変身してくれる『Quik』をダウンロード!!

なんだか、良く分からない流れの中での『Quik』のダウンロードを促されるので、なんだか納得いかないような気分になりますが、

『Gopro』を使うなら入れておきたいアプリ!!

Quik - GoProビデオエディタ

Quik - GoProビデオエディタ

GoPro, Inc.無料posted withアプリーチ

 

数回タップするだけで素晴らしい動画を作成できます。お気に入りの写真と動画クリップを選択すれば、Quikが魔法のように動画を作成します。ほんの数秒で最高のモーメントを見つけ出し、美しいトランジションや効果を追加して、音楽のビートに同期させます。テキスト、音楽、グラフィックなどを使って、あなたのストーリーをカスタマイズしてください。動画編集が、こんなに素早く、楽しくできます。

アプリをインストールして手順通りに設定していきます。

法規的な同意や、パーソナライズデータの送信、『Quik Story』の通知などの設定をしていきます。

まとめ ~『GoPro HERO7 Black』でキャンプ動画を楽しみたい!!~

『GoPro HERO7 Black』の開封からアプリ導入までを紹介しましたが、まだまだ『GoPro HERO7 Black』を使いこなしているわけではありません。

これから『GoPro HERO7 Black』でキャンプやアウトドアでの動画をたくさん撮って楽しみたい!!と思っています。

が!!問題がひとつ!!『GoPro HERO7 Black』で撮った動画を、僕のパソコンのスペックでは編集が上手く出来ない!!

Iphoneには導入した『Quik』で編集は出来ますが、自分で色々と編集するのならハイスペックなパソコンが必要なことが分かりました。

今後、『GoPro HERO7 Black』を楽しむ為にもハイスペックなパソコンを導入してキャンプ動画を楽しみたいと思います!!

 

あっちゃん
高画質動画編集するなら、ハイスペックパソコンは必須だね?!

 

豚ゴリラ
僕もあんまり考えないで、『GoPro HERO7 Black』買っちゃいましたけど・・・パソコン買わないと・・・

 

『GoPrp Hero7』で撮った動画を始めて編集!!

【閲覧注意】のサバイバル食『ビストロ山』の動画はこちら!!

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-ガジェット, キャンプ

Copyright© HIGH CAMP , 2018 AllRights Reserved.