楽天セール

その他アウトドアギア カップラーメン キャンプ 料理 焚火関連

【レビュー!!】BUNDOK(バンドック)『アルミケトル』はメスティンにも、カップヌードルにもジャスト!!

投稿日:


豚ゴリラ
BUNDOK『アルミケトル』がジャストミィ〜トォ〜!!『

 

あっちゃん
何で今更、『福澤朗(ふくざわ あきら)』なの?!昭和生まれの僕らにはお馴染みな『アメリカ横断ウルトラクイズ』じゃないんだから!!

 

豚ゴリラ
BUNDOK『アルミケトル』が【メスティン】にも【カップヌードル】にもジャストミートなんですよぉ〜!!

 

 

僕ら世代(僕は45歳)が幼少期の頃『アメリカ横断ウルトラクイズ』は、毎年楽しみにしていた番組のひとつ!!

日本各地から集まった挑戦者たちが「知力、体力、時の運」を合言葉に、広大なアメリカ大陸を横断しながら1,000問以上に及ぶクイズに挑戦し、ゴールのニューヨーク市を目指す番組

出典:Wikipedia

お婆ちゃんと一緒にブラウン管テレビから流れる

『ジャストミィ〜トォ〜!!!』

と叫ぶ『福澤朗(ふくざわ あきら)』の声が思い出されて、懐かしさを感じる・・・

僕よりも上の世代ならきっと、全日本プロレスのスタンハンセンのウエスタンラリアットに

『ジャストミィ〜トォ〜!!!』

と叫ぶ場面を思い浮かべるのかもしれません。

BUNDOKから登場してる『アルミケトル』はソロキャンパー注目のアイテム!!

 

【メスティンにぴったりサイズ!!】BUNDOK(バンドック)『アルミケトル』がソロキャンユーザーにおすすめ!!
バンドックからメスティンにぴったり収まる『アルミケトル』が登場です。 ソロキャンユーザーには嬉しいケトル!! ...

 

そんなBUNDOK『アルミケトル』は、ソロキャンパーにお馴染みな万能キャンプギア【メスティン】にも、夜食のお供【カップヌードル】にもジャストミートなアイテムなんです!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【レビュー!!】BUNDOK(バンドック)『アルミケトル』はソロキャンパーにオススメなケトル!!

BUNDOK(バンドック)『アルミケトル』はソロキャンパーにオススメなケトル!!

コンパクトで熱伝導率の高いアルミを使ったケトルは、軽量で持ち運びに邪魔にならない。

箱に入った『アルミケトル』を持ってみても、購入前に想像した以上に小さくて可愛い!!

 

 

めっちゃコンパクト!!『メスティン』にジャストサイズ

我が家で使ってるメスティン(アルミ製飯盒)はトランギアのメスティン。

ラージメスティンに、ノーマルサイズなメスティンをマトリョーシカ方式で収納して持ち運んでいますが、サイズ感は↑な感じ!!

かなり小さいアイテムなのがわかると思います。

BUNDOK『アルミケトル』は片手で簡単に持てるサイズ感で、凄く軽いケトル!!

凄く小さいので、ミニチュアかと思うようなケトルです。(※言い過ぎかも・・・)

本体サイズにしては、大きめに作られた蓋を外したら、こんな感じ!!

蓋の開閉は、スッと開けられ、スッと閉じれる感じで精度が高い作り。

コンパクトに収納出来てソロキャンに嬉しい!!

BUNDOK『アルミケトル』はトランギア『メスティン』にもジャストミートなサイズ!!

バンドックの『アルミクッカー』には、ぴったりな作りになってるけど、トランギアにもぴったりです。

最近メスティンに収納してる、お肉を美味しく焼ける鉄板【焚き火道具の本】の付録『GRILL TABLET mini』!!

 

【焚き火道具の本 付録】キャンプのスタイリッシュ鉄板!!muraco(ムラコ)の『GRILL TABLET mini』で肉焼いて食べる!
メスティンにぴったりな【muraco(ムラコ)】のスタイリッシュな鉄板を買いました!! モノトーンでお洒落なアウトドアブラ...

 

一緒に『アルミケトル』を収納してみると・・・

鉄板の厚みの分だけ、蓋が浮いちゃう。

でもラージメスティンに入れて、オレゴニアンキャンパーの収納袋に入れたら、気にならないから良いか・・・

 

【容量350ml?!】BUNDOK(バンドック)『アルミケトル』でカップヌードルを食べる!!

BUNDOK『アルミケトル』は公式プロフィールでは、【容量350ml】となっています。

グラビアアイドルのプロフィールの3サイズが眉唾なのは周知の事実ですが、『アルミケトル』の容量350mlが間違いなければ、カップヌードル(BIGじゃないやつ)を食べるのに十分な湯量が確保出来るハズ。

・・・という事で準備したのが、定番の味『カップヌードル SEAFOOD(シーフード)』!!

スーパーで定番のカップヌードルは、どの味か?という議論になって、太った次男は、

『カレーが定番でしょ!!』

と主張してきましたが、全面的に却下して、シーフードを選びました。

『カップヌードル SEAFOOD(シーフード)』に必要な湯量としては目安が320mlとなっていて、容量350mlなら十分なハズ!!

そして、お湯を沸かすのに準備したお水は、

『南アルプスの天然のやぁ〜ツ』

です。

カップヌードルに丁度いい湯量を確保!!

『アルミケトル』に南アルプスのサントリー天然水を注いでいきます。

雄大な山々に囲まれた大自然の南アルプスに想いを馳せます・・・・

サントリー天然水は容量:550mlで、アルミケトルに注いだ残りが↑な感じ。

半分位は入ったようだけど、感覚的には300ml入ったかどうかなイメージ・・・、これ以上入れると、ケロルの注ぎ口から水が溢れるギリギリまで水を入れました。

MSRのコンパクトで気軽に使える!!お洒落なビジュアルのシンブルバーナー『ポケットロケット2』を使ってお湯を沸かしていきます。

 

【レビュー】MSRのコンパクトガスバーナー『ポケットロケット2』を使ってみた!!
『ポケットロケット2』がカッコ良いんです。 そうかなぁ〜?!俺は千秋よりも、ビビアン・スーの方が好きだけどぉ〜!! ...

 

注ぎ口ギリギリまで水を入れてるので、吹きこぼれないように中くらいな火力で沸かして行きます。

BUNDOK『アルミケトル』はアルミ製で熱伝導率も高いので、割とあっという間にお湯が沸きました。(でも4〜5分掛かったかな?)

『ニャァ〜!!』

蓋を開けると可愛いニャンコの顔面が現れました。

最近全然カップヌードル食べてなかったら、いつの間にか、蓋を押さえるシールがなくなっていて、ニャンコの耳部分で固定する可愛らしい仕様に変化していました。

ケトルの持ち手部分も熱くなっていますが、手袋ないので、素手で注ぎます。

持ちて部分は空気に触れて、放熱してるからか、持てない程は熱くありません。

お湯を全部注ぎ切ると、カップヌードルの入れ物内部に記された湯量の線とほぼ同じ量・・・

『ジャストミィ〜トォ〜!!!』

湯量の目安:320mlとほぼ同じお湯が作る事が出来ました。

BUNDOK『アルミケトル』は公式プロフィールでは、【容量350ml】でしたが、注ぎ口から水が溢れないようにお湯を沸かしたら、大体320ml位のお湯になりました。

まとめ 〜BUNDOK『アルミケトル』はソロキャンで【カップヌードル】食べるのにジャスト!!〜

BUNDOK『アルミケトル』はメスティンにもすっぽり収まり、軽量コンパクト!!

荷物をコンパクトで軽量にしたいソロキャンパーには嬉しいケトルになってると思います。

そして、カップヌードル(※BIGじゃないやつ)を食べるのにジャストミートなケトルなんです。

公式プロフィール350mlには若干届かない、320ml程度のお湯しか沸かせなかったけど、カップヌードルにはピッタリでした。

僕も友達から

『腕太いねぇ〜・・・何cm?!』

と聞かれたら、

『40cm位かなぁ〜・・・』

と、実際には38cm位しかないのに見栄を張ってしまうので、同じような誤差の範囲です。

万年ダイエッターの僕は、三男を外に呼び出して、一緒にカップヌードルを食べました。

僕はひと口、ふた口しか食べてないのに、あっという間に空になってた!!

寒いアウトドアで身体の芯から暖めてくれる『カップヌードル』は身体も心も暖めてくれる・・・

そんな『カップヌードル』にジャストミートなBUNDOK『アルミケトル』がソロキャンパーにオススメです!!

 

豚ゴリラ
寒い時期のアウトドアには『カップヌードル』!! そんな『カップヌードル』にジャストミートなのが、BUNDOK『アルミケトル』なんですぅ〜!!

 

あっちゃん
メスティンユーザーのソロキャンパーにオススメだよねぇ〜!! コンパクトでメスティンに収納出来るから持ち運びが便利!!

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-その他アウトドアギア, カップラーメン, キャンプ, 料理, 焚火関連
-

Copyright© HIGH CAMP , 2022 AllRights Reserved.