楽天セール

キャンプ テント 未分類

サバティカル『GILIA(ギリア)』・『ARNICA(アルニカ)』に注目!!コスパ抜群のトンネル型テントが登場!!

投稿日:


あっちゃん
サバティカルは2020年も大注目!! 『ギリア』に『アルニカ』が熱い!!

 

豚ゴリラ
なんですか?! 2020年は東京オリンピックですけど・・・『ギリア』に『アルニカ』って、どこの国?

 

あっちゃん
違うんだよ!!サバティカルのトンネル型テント『ギリア』に『アルニカ』がコスパ抜群で熱いんだよ!!

 

2020年は東京オリンピックイヤー!!

先輩キャンパーあっちゃんに

『ギリアにアルニカが熱いんだよ!!』

と言われて、ヨーロッパの何処かの国名かと思ってしまいましたが、どうやらサバティカルの2020年の新作テントのことらしい・・・

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コスパ抜群のトンネル型テント!!サバティカル『GILIA(ギリア)』・『ARNICA(アルニカ)』に注目!!

出典:SABBATICAL

2019年注目を浴びたブランドのひとつ『SABBATICAL(サバティカル)』!!

 

A&FのNEWブランド『SABBATICAL(サバティカル)』が大人気の予感!!TC素材のテント・タープが登場!!
NEWブランド『サバティカル』から大注目のテント・タープが新登場!! 『サバティカル』って何ですか? 新しいサバ缶ダイエ...

 

サバティカル)は海外の有名アウトドアブランドの正規代理店を務める『A&F Corporation(エイアンドエフ)』が手掛けるブランド

2019年はTC素材を使ったテントやタープが発売され大人気!

昭島のA&Fに展示された

  • SKYPILOT TC(スカイパイロットTC)
  • MORNING GLORY TC(モーニンググローリー TC)
  • MARIPOSA TC(マリポサ TC)

などを見学しに行って来ましたが、どれもオシャレでカッコよかった!!

 

【展示会レビュー】A&F『SABBATICAL(サバティカル)』を観に行ってきた!!おすすめポイントはココ!!
NEWブランド『SABBATICAL(サバティカル)』カッコいいよね!! 大人気間違いなしの注目ブランド!! 僕も展示会に行ってきま...

 

そんなサバティカルから2020年も注目のアイテムが登場予定!!

2019年はTC素材(ポリエステル×コットン混紡)を使用していましたが、2020年はポリエステル素材を生地に使ったアイテムになっています。

ポリエステル素材

出典:SABBATICAL

去年のアイテム生地にはTC素材が使われていました。

先輩キャンパーあっちゃんは大型の『SKYPILOT TC(スカイパイロットTC)』を購入し、キャンプで試し張り

 

道志『ネイチャーランドオム』でグルキャン!!TC素材の『スカイパイロットTC』と『サーカスTC DX』が雨に降られる
今度みんなでグルキャン行こうよ!! 良いですねぇ〜!!行きましょう!! 夏も過ぎて日も短くなり、気温もかなり落...

 

室内スペースも大きく、TC素材らしい優しい素材感と吸湿性の高さから、かなり快適に過ごせました。

・・・が、雨に降られてちょっと大変でした。TC素材は焚き火の火の粉にも強く(※燃えないわけじゃない)、遮光性の高さや吸湿性の高さなど良い面もありますが、しっかり乾かさないと直ぐにカビちゃう!

2020年のアイテムは、ポリエステル素材になることで、軽量でコンパクト、そしてメンテナンスが簡単!!

ポリエステル生地には、表面はフッ素加工で撥水性を持たせ、裏面にポリウレタン(PU)を加工する事で、防水素材となっているそう。

テント・タープともに登場するようですが、その中でも注目なのが『GILIA(ギリア)』、『ARNICA(アルニカ)』の2つのトンネル型テントです。

 

サバティカル『GILIA(ギリア)』

出典:SABBATICAL

2020年サバティカル新作の中でも大注目なのがGILIA(ギリア)!!

ビジュアル的にはスノーピークの『ヴォールト』を思わせる形状に、3本のアーチフレームとアーチフレームをつなぐ形で設置されるブリッジフレームを配することでフレーム強度が増した作り。

コスパ抜群かつ、フレキシブルに使いまわせそうなトンネル型テントになっています。

『GILIA(ギリア)』スペック

出典:SABBATICAL

サイズ D520cm×W300cm×H170cm
インナーサイズ 2人用:W280cm×D150cm
5人用:W280cm×D250cm
収納サイズ L67cm×W35cm×H30cm
重量 総重量13.8㎏(ポール3.1㎏、ペグ1.76㎏)
セット内容(素材) 本体×1:フライ 75Dポリエステルタフタ・PU加工(耐水圧1,800mm)・撥水加工・UV加工
インナーテント×2:ウォール 68Dポリエステルタフタ/ボトム 210DポリエステルオックスPU加工(耐水圧1,800mm)
メインポール長×1:A6061・Φ13mm/Φ13.4mm
メインポール短×2:A6061・Φ13mm
ブリッジポール×2:A6061・Φ11mm
ペグ×22:スチール・20cm
2mロープ×6:ポリプロピレン・Φ4mm
3mロープ×4:ポリプロピレン・Φ4mm
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1:210Dポリエステルオックス
生地 ポリエステル
カラー サンドストーン
価格 ¥39,800(税抜)

サイズ感的にも『ヴォールト』に似たサイズ感で、高さはヴォールトより20cmほど高くなっています。

ですが、最高170cmの天井高なので背の高い人がテント内を歩き回る際には頭がぶつかってしまいます。

広々したテントというよりは、かなりコンパクトな印象です。

2人用インナー、5人用インナー付属

出典:SABBATICAL

GILIA(ギリア)は【2人用インナー】、【5人用インナー】の両方が付属するそう!!

2人用インナーを設置すれば、広いリビングスペースを持った2ルームテントとして使え、5人用インナーを設置しても、前室をもったテントとして使えます。

インナー設置しなければシェルターとしても使えるフレキシブル(自由度の高い)なテントになっているのが特徴的!!

¥39,800はコスパ良すぎ!!

『A&F Corporation(エイアンドエフ)』が手掛けるブランド『サバティカル』のアイテムはどれも品質や仕様にたいしてコスパが良さげ

しかし、2つもインナーが付いて、フレキシブル仕様のテント『GILIA(ギリア)』は、¥39,800(税抜)とコスパが良すぎ!!

キャンプ初心者でも手が出やすい価格は人気が出そうです!!

 

あっちゃん
2020年のキャンプシーンで注目のテント間違いなし!!

 

豚ゴリラ
フレキシブルに使いまわせそうなテントが¥39,800(税抜)は安い・・・

 

サバティカル『ARNICA(アルニカ)』

出典:SABBATICAL

サバティカル『ARNICA(アルニカ)』は広いリビングを備えたトンネル型2ルームテント!!

ギリア同様、アーチフレーム(※アルニカは4本)にブリッジフレームを渡して強度と剛性に優れたフレーム構造になっています。

『ARNICA(アルニカ)』スペック

出典:SABBATICAL

サイズ D520cm×W320cm×H210cm
インナーサイズ 4人用:W300cm×D220cm
収納サイズ L81cm×W42cm×H35cm
重量 総重量20.5㎏(ポール5.8㎏、ペグ1.9㎏)
セット内容(素材) 本体×1:ルーフ 210Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工、ウォール 75Dポリエステルタフタ・PU加工・撥水加工・UV加工
インナーテント×1:ウォール 68Dポリエステルタフタ/ボトム 210DポリエステルオックスPU加工(耐水圧1,800mm)
メインポール長×2:A6061・Φ13mm/Φ13.4mm
メインポール短×2:A6061・Φ16mm
ブリッジポール×2:A6061・Φ13mm
ペグ×24:スチール・20cm
3.5mロープ×4:ポリプロピレン・Φ4mm
2.5mロープ×8:ポリプロピレン・Φ4mm
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1 210Dポリエステルオックス
生地 ポリエステル
カラー サンドストーン
価格 ¥76,800(税抜)

トンネル型2ルームテントにしては、奥行き520cmと大きすぎないサイズ感。

高さは210cmと大きめになっているので、圧迫感もなく、余程身長がある人でなければ屈む必要もなさそうです。

サンドストーンのカラーリングもオシャレで、価格も¥76,800(税抜)と割と安め・・・とは言え『GILIA(ギリア)』の破壊的なコスパの前では、若干高く感じてしまいます。

 

あっちゃん
天井高も高くて快適に過ごせそうな2ルーム!!

 

豚ゴリラ
ギリアに比べるとパンチ力に欠けます・・・でも良さそうなテントですね?!

 

まとめ 〜サバティカル『GILIA(ギリア)』・『ARNICA(アルニカ)』が2020年のキャンプを席巻?!〜

出典:SABBATICAL

サバティカルのデザイナーには人気の新鋭ブランド『ゼインアーツ』の小杉氏を起用しているとの事で、フレームワークや、シルエットは美しいテントになっています。’

2019年に続き2020年もサバティカルのテント・タープは人気が出そう!!

特にコスパも高く、フレキシブルな使い勝手の『GILIA(ギリア)』は、ソロからファミリー、初心者〜熟練キャンパーまで、幅広いユーザー層に支持されそうなテントです。

発売時期は2020年3月末頃を予定(※2019年12月時点)しているとの事なので、これから来春以降にキャンプを始めたいユーザーなどは、候補の一部に考えても良いかもしれませんね?

 

豚ゴリラ
使い勝手良さそうな『GILIA(ギリア)』が大注目ですね?!

 

あっちゃん
2020年もサバティカルは人気が出そうだね!!

 

アイキャッチ画像 出典:SABBATICAL

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, テント, 未分類
-

Copyright© HIGH CAMP , 2019 AllRights Reserved.