楽天セール

キャンプ テント

【コスパ抜群】Amazon(アマゾン)ベーシックのテントは晴れの日限定?!8人収容の大型幕がこの値段?!

投稿日:2018年9月5日 更新日:


あっちゃん
Amazonベーシックってコスパが抜群なんだよぉ~!!

 

豚ゴリラ
そうなんですかぁ~?! 『コスプレダンスパーティー』ってそんなに凄いんですか?!

 

あっちゃん
なんで?!『コスプレダンスパーティー』なの、『コストパフォーマンス』のほうでしょ?!文脈から分かるでしょ?!

 

豚ゴリラ
いやぁ~!!『コスプレダンスパーティー』も面白そうなんで・・・

 

巷で噂の『Amazon(アマゾン)ベーシック』!!

コスパ抜群のアイテム達は多くのユーザーから大注目です。

コスパとは

  1. コスパとはコスプレダンスパーティーの略で、参加者はコスプレ姿、曲はアニメソング、テクノなどで踊るイベントのことである。
    ちなみにコスプレ衣装製作会社のコスパはここきたものでなく、コスチュームパラダイスの略である。
  2. コスパとはコストパフォーマンスの略で、価格と価値(費用と効果)を対比させた度合いのことで、価格(費用)に対して価値(効果)が高い場合「コスパが良い(高い)」、逆の場合は「コスパが悪い(低い)」という。コスパはさまざまな業界・企業で使われるが、一般消費者の使用という点では化粧品とPCパーツ業界での使用が多い。

by:Yahoo知恵袋

コスパの略に『コスプレダンスパーティー』なんてのがあるのにビックリ!!Yahoo知恵袋って勉強になります。

『Amazonベーシック』は、『コスプレダンスパーティー』ではなく、『コストパフォーマンス』が抜群に高いアイテムがたくさん!!

そんなAmazonベーシックからキャンパーに注目のアイテムが『Amazonベーシック テント』です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【コスパ抜群】Amazon(アマゾン)ベーシック テント!!

『Amazonベーシック』から登場の注目テントが『Amazonベーシック テント』!!

Amazonと言えば、Amazonオリジナルモデルのミリタリーな雰囲気のオリーブカラーのアイテムも登場。

 

2018年別注カラーのコールマンがおすすめ?!ミリタリーな雰囲気のオリーブカラーのアマゾン別注、ナチュラム別注が注目!!
もうすぐ夏はそこですよぉ~!!筋トレがんばって『ポパイ』みたいにマッチョにならないと!! 何言ってるの?『ポパイ』っ...

 

Amazonオリジナルの別注カラーのアイテムだけでなく、『Amazonベーシック』としてキャンプに大活躍のテントが登場!

値段が安いだけでなく、機能面やディテールもしっかりしていて、初心者キャンパーを始め、多くのキャンパーの注目のテント!!

注目ポイント

  • コスパが抜群
  • 8人収容の大型テント

注目ポイントを含め『Amazonベーシック テント』の魅力を紹介!!

 

あっちゃん
『Amazonベーシック』はホント注目!!

 

豚ゴリラ
『Amazonベーシック テント』やキャンパーはちょっと気になりますよねぇ~!!

 

 

『Amazonベーシック 』って何?!

『Amazonベーシック』?!と聞いてもチンプンカン(いまどき使うのか?)な人も多いかも知れません。

Amazonベーシックは、お客様に高品質の商品を低価格でお届けすることを目的とした、Amazonグループが全世界で展開するブランドです。

購入後1年間限定で日本国内保証を利用いただけます。(アマゾン合同会社保証)

by:Amazon

Amazonベーシックは、Amazonが手掛ける自社ブランド!!

日々の生活必需品を始め、PCアクセサリーからペット用品まで、

高品質で低価格!!しかも1年間の保証までついた、まさにコスパ最高なアイテムをユーザーに届けるブランドなんです。

8人就寝できるサイズ感で、値段は14,000円以下?!

『Amazonベーシック テント』は収容人数:8人の大きなテント!!

POINT

  • サイズ:約457x 274×183cm(中央部の高さ)
  • 値段は¥13,864

前室などがあるテントではありませんが、8人収容できる室内空間はかなり広々!!

高さも180cmを越える高さは、圧迫感を感じさせません。

そんな大きなテントですが、値段は¥13,864 (※2018/9/5現在)

少し前には、セール価格で1万円を切る価格で販売されていたので、¥13,864のインパクトは大きくないですが、間違いなく安い!!

『Amazonベーシック テント』のディテール!インナーテントはメッシュ多用!!

『Amazonベーシック テント』のテントは、インナーテント上部にメッシュ素材を多用しています。

熱気がテント内にこもらず、暑い時期には快適に過ごせそうです。

テント内には、小物アイテムを収納できるポケットも配置!

メッシュ素材で、収納アイテムをすぐに確認できます。

電源サイトでは、外部電源をケーブル差込口から取り込むことが出来ます。

フライシートは小さい!!晴れの日限定?!

フライシートはインナー全面を囲うものではなく、テントの上部のメッシュ部分に被る部分だけ、

フライは雨を防ぐ『レインフライ』とのことなのでテント全面を囲うダブルウォールテントよりも冷気に弱そう・・・

吹き込むような雨にも若干弱そうなテントで、

テントの生地には耐水素材を使用しており、テントの中を暖かくドライな状態に保ちます。

テントの継ぎ目からの水の侵入を防ぐために継ぎ目はしっかり縫い合わされ、テントをペグで固定すれば風にも強くなるので、多少の雨風程度なら問題なくオールシーズンで使用することができます。

by:Amazon

とのことですが、冬キャンには少し厳しそう・・・

Amazon(アマゾン)自体がアメリカのブランドなので、仕様としてはアメリカ仕様なイメージ!!

雨が多い日本の気候では、キツイ場面も多少ありそう。

 

あっちゃん
そこだよねぇ~!!コスパ最高だけど、雨と冷気に弱そう!!

 

豚ゴリラ
大雨でなければ十分だと思いますよ?!

 

Coleman(コールマン)のテントにそっくり?!

『Amazonベーシック テント』にそっくりなテントがAmazonを徘徊してると目にすると思います。

アマゾンで見かけるColeman(コールマン)のテント『Red Canyon 8-Person Modified Dome Tent』は並行輸入品のテント!

サイズは約510×300×180cmとなっていて『Amazonベーシック テント』の約457x 274×183cmと比べると若干大きいサイズ感!!

しかし構造的にもほぼ同様な構造のテントになっています。

もうひとつそっくりなテントは、Coleman(コールマン)の8人用 『Montana (モンタナ) テント』です。

 

 

こちらはサイズは約488×213×188cmで、『Amazonベーシック テント』の約457x 274×183cmと同じようなサイズ感!!

フライの形状が若干異なり、フライのサイドが短くなっています。

この2つのテントを見ても『Amazonベーシック テント』はコールマンのOEM(オーイーエム)なんじゃない?!と思っちゃいます。

 

あっちゃん
確かにそっくり!!

 

豚ゴリラ
テント界の『和也と達也※漫画タッチ』か、『マナとカナ』くらい似てますよ!!

 

 

 

まとめ ~コスパ抜群は間違いナシ!!初心者キャンパーにも、大人数のキャンプテントとしても大注目!!~

『Amazonベーシック テント』はコスパ抜群なのは間違いナシ!!

そっくりなコールマンテントと比べても値段も破格!!耐水圧などの詳細数値は発表されていませんが、高品質・低価格を謳ってる『Amazonベーシック』なので品質も高い!!(はず・・・)

レビューを見ても、8人就寝できるサイズ感で、値段は\14,000円以下の値段のテントは評価も上々!!

一時は1万円を切る、\9,800円(セール時には\8、415円という破格のときも!!)で販売されていたこともあり、値段を考えれば文句の付け所がありません。

キャンプ初心者のファーストテントとしても値段を考えると手が出しやすい!!

しかも大人数のキャンプ用のテントとしても大活躍してくれそうです。

とはいえ、日本のフォーシーズンテントとしての使用にはちょっと疑問。

春~秋の天気の良い日なら問題なく快適に使えると思いますが、外気温が低くなる冬や、雨風が強い日には少し厳しい場面も出てきそうです。

コスパ抜群の『Amazonベーシック テント』がちょっと気になってきませんか?!

 

あっちゃん
『Amazonベーシック テント』は気にはなるよね?! テント内は広々してて、居住性も高い!!

 

豚ゴリラ
キャンプ初心者はコスパが高いのは嬉しい!!ファーストテントとしては有ですよね!!

 

テントだけでなく、Amazonベーシックにはキャンパー大注目のアイテムがたくさん!!

 

【Amazonベーシック】はテントだけじゃない!!キャンパー注目のおすすめアイテム5選はこれ!!
【Amazonベーシック】は注目アイテムがたくさん!! 日用品はもちろんですけど、やっぱキャンプで活躍してくれるアイテムが...

 

 

お願い!!お願いだから・・・
いいね ! しよう


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-キャンプ, テント

Copyright© HIGH CAMP , 2018 AllRights Reserved.